談話室

▼▽強烈な揺れに驚き、本能的に立ちすくんでしまったのだろうか。頑丈な壁がまさか倒れてくるとは思わなかったに違いない。大阪で震度6弱を観測した地震でブロック塀が倒れ、通学途中の9歳の女児が犠牲になった。

▼▽1978(昭和53)年の宮城県沖地震で28人が命を落としたが、うち10人以上は倒壊したブロック塀の下敷きになり亡くなった。これを契機に塀の危険性が社会で共有された。「地震の時は塀から離れろ」。学校などで繰り返し指導されたことを覚えている方もおられよう。

▼▽建築基準法も改正され耐震基準が強化されたが、古いブロック塀はいまだに残る。大阪では80歳男性も塀の倒壊で死亡した。2年前の熊本地震でも同様に死者が出ている。津波に備え高台避難の再徹底が図られているように、市街地での倒壊物、落下物への意識も高めたい。

▼▽女児は通学路で、しかも学校施設のブロック塀が倒れ被害に遭った。自治体や学校側の安全確認は十分だったのだろうか。県内では2005~06年の小学校通学路調査で、危険度が高く撤去すべきだと判断されたブロック塀が87カ所あった。再調査と対策を急ぐべきだろう。

(2018/06/19付)
最新7日分を掲載します。
  • 6月19日
  • ▼▽強烈な揺れに驚き、本能的に立ちすくんでしまったのだろうか。頑丈な壁がまさか倒れてくるとは思わなかったに違いない。大阪で震度6弱を観測した地震でブロック塀が倒れ、通学途中の9歳の女児が犠牲になった。[全文を読む]

  • 6月18日
  • ▼▽すっきり落ち着いた味わいである。大石田そば街道振興会が開発し、提供する「そばコーヒー」は来迎寺在来種のソバの実とブラジル産コーヒー豆を焙煎(ばいせん)し、合わせて抽出する。香り高く趣を異にする余韻が解け合う。 [全文を読む]

  • 6月17日
  • ▼▽まだ古里酒田市に住んでいた吉野弘さんを、詩仲間の川崎洋さんが訪ねたことがある。到着後は一緒に銭湯に出掛けることになった。吉野さんは赤ちゃんだった長女奈々子さんを自転車の前部に乗せ、ペダルをこいだ。[全文を読む]

  • 6月16日
  • ▼▽さまざまある役職から完全には離れていなかったらしい。アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、日大は前監督内田正人氏について人事部長と保健体育事務局長の役職を解き本部付部長待遇にしたと発表した。 [全文を読む]

  • 6月15日
  • ▼▽新鮮な山の幸をふんだんに使ったランチが好評を得て町内外から多くのリピーターが足を運ぶ。大江町の小倉交流館内にある「農村食堂 おぐら亭」である。地元の家庭でしか味わえない、素朴な郷土料理を提供する。 [全文を読む]

  • 6月14日
  • ▼▽戦後日本の発展に大きく貢献した発明は何? 発明協会がアンケートを行ったことがある。得票が多かったのは内視鏡(1950年)、インスタントラーメン(58年)、新幹線(64年)、温水洗浄便座(80年)などだ。 [全文を読む]

  • 6月13日
  • ▼▽「漫画『ゴルゴ13』の主人公は、なぜあんなに無表情なのでしょうか」。特撮番組やスポ根漫画の超絶技を、理系の目で分析する柳田理科雄(りかお)さん著の人気シリーズ「空想科学読本」に読者からこんな質問が寄せられた。 [全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から