県内イベント情報

庄内地方のイベント

鶴岡 募集  雷文化都市構築推進委員会(事務局・市地域振興課)は第15回「雷」俳句・川柳コンテストの作品を募集。題詠は「雷」とし稲妻など雷を連想させる語を作品に盛り込むのが条件。俳句と川柳の一般、小中学生の計3部門。各部門3点まで投稿可。ファクスかはがきで31日まで申し込む。入賞作品は来年1月26日「雷サミット」で表彰。同課0235(25)2111内線586、ファクス0235(25)2990。 >>
2018年10月13日掲載

鶴岡 体験・教室  「せかいの台所」は27日(土)午前10時、出羽庄内国際村。フランス出身の講師からスパゲティボロネーズなど家庭料理の作り方を学ぶ。参加費1500円。定員10人で6日午前9時から電話予約を受け付ける。出羽庄内国際村0235(25)3600。 >>
2018年10月6日掲載

鶴岡 講座・講演  英語によるビジネス講座は10月6日(土)から全5回、東北公益文科大鶴岡キャンパス。東北公益文科大大学院の県寄付講座アジアビジネス人材養成講座の一環で、海外出身の同大教授らが日替わりで講師を務める。テーマは▽6日=経済学の切れ味▽13日=イノベーション▽20日=ビジネスの現場で使われる英語▽27日=経営戦略▽11月10日=世界経済におけるアジアの役割。各回午後5時から(11月10日のみ午後2時開講で3時半から情報交換会)。受講無料で5回通し受講を推奨。開催週の水曜まで申し込む。同大大学院0235(29)0555。 >>
2018年9月15日掲載

鶴岡 講座・講演  金峯山を愛する会の解説講座「金峯山歴史探訪」は27日(土)午後1時、湯田川コミュニティセンター集合。金峯修験の貴重な遺構で金峯山中腹にある藤沢岩屋洞窟(藤沢の岩屋)を訪ね、藤沢地区内の遺跡、石碑などを巡る。講師は市文化財保護審議委員会の酒井英一副会長。参加料500円。終了は午後5時ごろ。同6時ごろから市勤労者会館で開く懇親会参加希望者は別途2000円。20日まで申し込む。愛する会事務局0235(23)7863。 >>
2018年10月13日掲載

鶴岡 講座・講演  鶴岡致道大学公開講座は27日(土)午後2時、王祇会館。比較文明学会の原田憲一会長が「次世代に伝えたい減災の知恵と工夫」と題し、昔から伝わる防災の知恵、伝統技術などを現代科学の視点から検証。鶴岡総合研究所主催。受講無料。定員130人で申し込みが必要(致道大学受講生を除く)。市地域振興課内の同研究所事務局0235(25)2111。 >>
2018年10月13日掲載

酒田 募集  希望ホール自主事業企画運営委員会などは俳優の佐藤志穂さん(市出身)が講師を務めるミュージカル・ワークショップの参加者を募集。ワークショップは11月17日(土)午後1~7時、18日(日)午前10時~午後4時の2日間、市総合文化センター。演技や歌、ダンスの基本を学んだ後、ミュージカル作品の一場面を演じるミニ発表会を行う。対象は両日参加可能な中学生以上で、先着25人。参加費は一般2千円、大学生以下千円(別途保険料200円)。希望ホール0234(26)5450。 >>
2018年8月4日掲載

酒田 体験・教室  カキ殻リサイクル出前講座は21日(日)午前9時45分と午後1時45分、中町モールのさかた大繁盛ハロウィンまつり会場。殻を石臼で砕き土壌改良材への再生を体験するほか、紙芝居を通じ循環型社会を学ぶ。小学生以下の子どもと保護者対象で定員は各回10組。参加費は1組1200円(カキ焼きバーベキュー代含む)。18日まで申し込む。NPO法人みなと研究会0234(25)2817。 >>
2018年10月13日掲載

酒田 講座・講演  公開講座「福島原発事故による自主避難者・帰還者の生活と支援」は20日(土)午後0時半~2時、東北公益文科大。同大地域共創センター主催。共に同大卒でNPO法人りょうぜん里山がっこう(福島県伊達市)の半田節彦さんと、NPO法人やまがた絆の架け橋ネットワーク(寒河江市)の西尾綾子さんが避難者、帰還者の支援活動と生活課題を報告。東日本大震災の被災地域で作られたタオルやマグカップなどの販売も。受講無料。申し込み不要。同センター0234(41)1115。 >>
2018年10月13日掲載

酒田 講座・講演  最上川美術館(真下慶治記念美術館、村山市)の真下清美館長によるギャラリートークは21日(日)午後2時、松山文化伝承館真下慶治記念室。開催中の企画展「最上川III」に合わせ夫慶治さんと二人三脚の創作の様子などを紹介する映像を上映し、作品に込められた思いを語る。入館料360円。同伝承館0234(62)2632。 >>
2018年10月13日掲載

酒田 講座・講演  憲法9条と憲法改正について学ぶ講演会は26日(金)午後6~8時、市総合文化センター。官公庁や民間企業の退職者が加盟する学習組織「平和を語り、考え、学ぶ会」(酒田市)が主催。講師は山形大人文社会科学部の中島宏准教授。受講料500円。申し込み不要。事務局の佐藤清さん0234(24)6147。 >>
2018年10月13日掲載

酒田 講座・講演  「アートの力・宝は足下にある 酒田の明るい未来を話そう」は10月27日(土)午後1時半、市総合文化センター。市出身の写真家佐藤時啓さんと歌手白崎映美さん、津軽三味線奏者の岡田修さんによる座談会のほか、白崎さんと岡田さんのコンサートも。入場料は一般1000円、大学生以下は無料だが、同センターと希望ホールで配布する先着50人の招待券が必要。同ホール0234(26)5450。 >>
2018年9月29日掲載

庄内 講座・講演  江戸時代から明治初期にかけて大庄屋を務めた狩川、清川両地区の民家に残る文書から郷土の歴史を読み解く「ざ・歴学」は24日(水)午前10時、清川公民館。講師は町郷土史研究会の小野寺裕副会長。清河八郎にこれまで取り上げられてこなかった弟がいたことや、地域の有力者が大庄屋に就任するまでの経緯などを紹介。先着30人。参加無料。22日まで申し込む。同公民館0234(57)2211。 >>
2018年10月13日掲載

【開催中の展示会】

酒田
2018年11月13日~2018年11月14日
 出産をテーマにした「つながるBirth写真展」は13日(土)と14日(日)午前9時~午後4時、交流ひろば。14日午後1時半と3時からの講演会「ようこそお産の世界へ」は、講師が矢島助産院(東京)の矢島床子院長。命の素晴らしさを伝えるトラウベの会(酒田市)主催。参加無料。申し込み不要。市内のこた助産院090(3434)6368。 >>
2018年10月6日掲載

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から