県内イベント情報

2018年10月20日のイベント

<<10月19日のイベント
10月21日のイベント>>

山形 体験・教室  子育てに悩む保護者を支援する「ペアレント・トレーニング・ワークショップ」は9月13日(木)から計8回、小荷駄町2の7の認定NPO法人発達支援研究センター。上手な褒め方や子どもの協力を引き出す方法などを学ぶ。13日以降は27日、10月11、25日、11月8、22日、12月6、20日の各木曜午後7時~8時半。定員8人。参加費8000円。9月3日まで申し込む。同センター023(623)6622。 >>
2018年8月25日掲載

山形 講座・講演  医学博士石蔵文信さんの講演会「夫源(ふげん)病・妻源(さいげん)病―共に依存しない生き方をめざして」は20日(土)午後1時半、霞城セントラル内市保健センター。夫が原因の妻の不調「夫源病」を命名した石蔵さんが、夫婦が互いに依存せず助け合う方法、パートナーシップをより良いものにするヒントなどを医学の立場から解説する。手話通訳付き。定員は先着200人で入場無料。事前申し込みが必要。市男女共同参画センター023(645)8077。 >>
2018年10月13日掲載

寒河江西川 募集  JAさがえ西村山あぐりん・夢・プロジェクト事務局は11月10日(土)の婚活イベント「モゥモゥすき焼きとりんご畑で愛農結」に参加する独身女性12人を募集。当日は午前11時半~午後5時。JAさがえ西村山本所に集合し、西村山地域で農業を営む独身男性と西川町の出羽屋でランチ後、寒河江市でリンゴ狩りを楽しむ。参加費1人1000円。10月31日まで申し込む。同JA0237(86)8181。 >>
2018年9月15日掲載

寒河江 体験・教室  「ハーブとアロマの香り箱」講座は7月11日から12月12日まで毎月第2水曜の計6回、最上川ふるさと総合公園センターハウス。同公園指定管理者のさがえ・ふるさと共同企業体が主催。ハーブについて学び、せっけんやリップクリームなどを制作。各回午後7時開始で2品ずつ作る。受講料(全6回分)6000円と、別途材料代として毎回4000円必要。同公園0237(83)5195。 >>
2018年6月23日掲載

寒河江 講座・講演  寒河江市西村山郡訪問看護事業団の公開講演会は20日(土)午後1時、ハートフルセンター。聖路加国際病院特別顧問の小児科医細谷亮太さん(河北町出身)が「いのちと向きあう」と題して講演。参加無料。先着250人。在宅医療・介護連携支援室たんぽぽ0237(84)7107。 >>
2018年10月6日掲載

東根 イベント  図書館探検ツアーは20日(土)午前11時と午後2時半、まなびあテラス内の市図書館。スタッフの案内で館内を巡りながら便利な利用法を学ぶ。カウンター奥の閉架書庫など普段立ち入ることができない場所の見学も。参加無料。市図書館0237(53)0227。 >>
2018年10月13日掲載

東根 映画  ドキュメンタリー映画「大丈夫。-小児科医・細谷亮太のコトバ-」上映会は20日(土)午後2時、まなびあテラス。小児がん治療の最前線で幼い命と向き合ってきた細谷さん(河北町出身)の姿を、映像作家伊勢真一さんが10年にわたって追った作品。上映後は細谷さんと伊勢さんの対談も。定員120人。入場無料。同施設0237(53)0223。 >>
2018年10月6日掲載

鶴岡 募集  雷文化都市構築推進委員会(事務局・市地域振興課)は第15回「雷」俳句・川柳コンテストの作品を募集。題詠は「雷」とし稲妻など雷を連想させる語を作品に盛り込むのが条件。俳句と川柳の一般、小中学生の計3部門。各部門3点まで投稿可。ファクスかはがきで31日まで申し込む。入賞作品は来年1月26日「雷サミット」で表彰。同課0235(25)2111内線586、ファクス0235(25)2990。 >>
2018年10月13日掲載

鶴岡 講座・講演  英語によるビジネス講座は10月6日(土)から全5回、東北公益文科大鶴岡キャンパス。東北公益文科大大学院の県寄付講座アジアビジネス人材養成講座の一環で、海外出身の同大教授らが日替わりで講師を務める。テーマは▽6日=経済学の切れ味▽13日=イノベーション▽20日=ビジネスの現場で使われる英語▽27日=経営戦略▽11月10日=世界経済におけるアジアの役割。各回午後5時から(11月10日のみ午後2時開講で3時半から情報交換会)。受講無料で5回通し受講を推奨。開催週の水曜まで申し込む。同大大学院0235(29)0555。 >>
2018年9月15日掲載

酒田 募集  希望ホール自主事業企画運営委員会などは俳優の佐藤志穂さん(市出身)が講師を務めるミュージカル・ワークショップの参加者を募集。ワークショップは11月17日(土)午後1~7時、18日(日)午前10時~午後4時の2日間、市総合文化センター。演技や歌、ダンスの基本を学んだ後、ミュージカル作品の一場面を演じるミニ発表会を行う。対象は両日参加可能な中学生以上で、先着25人。参加費は一般2千円、大学生以下千円(別途保険料200円)。希望ホール0234(26)5450。 >>
2018年8月4日掲載

酒田 講座・講演  公開講座「福島原発事故による自主避難者・帰還者の生活と支援」は20日(土)午後0時半~2時、東北公益文科大。同大地域共創センター主催。共に同大卒でNPO法人りょうぜん里山がっこう(福島県伊達市)の半田節彦さんと、NPO法人やまがた絆の架け橋ネットワーク(寒河江市)の西尾綾子さんが避難者、帰還者の支援活動と生活課題を報告。東日本大震災の被災地域で作られたタオルやマグカップなどの販売も。受講無料。申し込み不要。同センター0234(41)1115。 >>
2018年10月13日掲載

米沢新庄 講座・教室  民族衣裳文化普及協会の無料インストラクター講座説明会「今までのきもの講座で物足りないあなたへ」は今月下旬から3教室。18歳以上の女性を対象に有料講座のカリキュラムについて説明。好きな日時を選び受講する。▽山形教室=会津屋ビル4階で27日~10月25日の毎週木曜午前10時半と午後2時、同6時半▽米沢教室=三條かの記念館で28日、10月12、26日の午前10時半と午後2時▽新庄教室=市民プラザで26日、10月10、24日の午後2時。同協会本部(0120)029315。 >>
2018年9月8日掲載

米沢 アラカルト  西吾妻山の夏山開き・安全祈願祭は6月8日(金)午前10時、天元台高原「幸福の鐘広場」。8日から11月4日まで夏山登山用のロープウエー、リフトを営業。アルブ天元台0238(55)2236。 >>
2018年5月26日掲載

戸沢 募集  村観光物産協会は「とざわフォトコン2018」の作品を募集。イベントなどの「祭り部門」、食べ物や特産品の「逸品部門」、村の景色の「風景部門」の3部門。大賞1人に賞金5万円、優秀賞各部門1人3万円、特別賞1人1万円、せんどう君賞1人1万円、入選各部門4人にそれぞれ5千円を贈呈。応募者全員に温泉施設「ぽんぽ館」入浴券も贈る。応募は村内で撮影した作品に限り撮影時期は問わない。四つ切りかワイド四つ切りで1人5点まで。応募票に必要事項を記入して作品の裏に貼り〒999―6401、戸沢村古口270、戸沢村観光物産協会フォトコンテスト係へ11月30日まで郵送する。持ち込みも可。同係0233(72)2110。 >>
2018年7月21日掲載

【開催中の展示会】

山形
2018年10月20日~2018年10月21日
 べにばな小品盆栽クラブの「秋の小品盆栽展」は20日(土)と21日(日)、高瀬紅花ふれあいセンター。会員の力作を紹介。午前9時~午後5時(21日は4時まで)。入場無料。事務局の大友さん090(3641)9790。 >>
2018年10月13日掲載

東根
2018年10月19日~2018年10月23日
 第29回大ケヤキ全国書道絵画展は19日(金)~23日(火)午前9時~午後7時、市民体育館。全国から寄せられた作品3万4000点超のうち、佳作以上を中心とした書と全ての絵画を紹介。入場無料。初日は午前9時半から開幕式。市生涯学習課0237(42)1111内線3538。 >>
2018年10月13日掲載

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から