やまがた観光復興元年

第1部・逆境を乗り越える[1] 飯豊・中津川(上)

2014年01月03日
いろりを囲む中津川の農家民宿の女将たち。都会に出た息子や娘を迎えるような温かなもてなしが、来る人の心をつかんでいる=飯豊町岩倉・農家民宿いろり
いろりを囲む中津川の農家民宿の女将たち。都会に出た息子や娘を迎えるような温かなもてなしが、来る人の心をつかんでいる=飯豊町岩倉・農家民宿いろり
 ある人は、ここは風の匂いが違うと言う。またある人は、人の手のぬくもりが違うと言う。こんなにおいしい料理は食べたことがないと笑顔を見せ、1泊しただけで帰りたくないと涙を流す。飯豊町中津川地区。雪深く、高齢化率54.0%の典型的な過疎地域だ。便利さはない。しかし、台湾や都市部の人々を引きつける魅力が、ここにはある。

 台湾からの観光客は、農家民宿9軒が受け入れている。一般的な農家民宿は家族の居住エリアと観光客の宿泊エリアを分けるが、中津川の場合は区別せず、暮らしの中に迎える。宿泊先を知らずに来日し「民家に泊まるのか!」と怒っていた台湾女性が、翌朝「離れたくない」と泣く姿を町観光協会の二瓶裕基さん(39)は目にした。町出身で台湾誘客の担当者でもあり、農家民宿の経営者と日常的にやり取りする。住民の人の良さも知っていたが、何がそうさせるのかと自らも家族と宿泊してみた。

 ともに食卓を囲み、酒を酌み交わした。民宿のおばあちゃんたちは保育園年長の娘と花火をし、かわいがってくれた。川魚が好きだと言えば「もう1匹焼ぐが?」、手の込んだ料理をせっせと運んできては「食べられっが?」。何げない、でも温かな気遣いが心の奥に優しく染みた。翌朝の帰り際、自分の感情に困惑した。帰るのが寂しい。言葉で表現するのは難しいが「この人たちは、人の心に触れる何かを持っている」。そう感じた。

 飯豊町は多くの農村地域と同様、人口減少、過疎化の問題を抱えてきた。1980(昭和55)年に1万220人だった人口は2010年には7943人となり、30年間で22.3%減少。高齢化率(65歳以上の割合)は10年で31.3%で、全国平均の23.0%、本県平均の27.6%(全国5位)を上回っている。中でも中津川の高齢化は顕著で、その率54.0%。10年には人口が328人、うち小中学生が8人にまで減少し、中津川小中学校は13年3月で閉校した。

■高い危機意識
 一方で、中津川は飯豊山の麓に位置する自然豊かな地域。源流の森やオートキャンプ場、観光ワラビ園、農家民宿などがあり、春の山菜、夏の飯豊登山、秋の紅葉などを目当てに年間30万~40万人が訪れる。その数は町全体の交流人口の半数近い。さらにここには、自然と共生し、手仕事を得意とし、山村での暮らしの知恵を蓄えた人々が住まう。課題と財産を同時に抱える地域なのだ。

飯豊町中津川の集落。高齢化・過疎化が進む中、豊かな自然とそこに住まう人々が観光資源になっている
飯豊町中津川の集落。高齢化・過疎化が進む中、豊かな自然とそこに住まう人々が観光資源になっている
 農家民宿による誘客促進を模索する町などの呼び掛けに応え、中津川の8軒(現在は10軒で1軒が休業中)が営業認可を取得したのは07年4月。「限界集落」と呼ばれた地域を思う住民の危機意識は高く「このままじゃ寂しくなっていくだけ。何とかしなきゃという気持ちは、民宿に取り組んだ人の共通した思いだった」と農家民宿組合長の伊藤信子さん(74)は振り返る。首都圏の児童生徒の山村留学を受け入れてきた実績もあり、一丸となってスタートした。

■心からの交流
 家族のように暮らしに迎え入れる姿勢は、来る人の心をつかんだ。しかし、農家民宿はほかの地域にもある。中津川は何が違うのか。「一番の魅力は人。来る人に壁を作らず心を開いてくれるから、相手も自然に心を開く。何より心から交流を楽しんでいるのが利用客に伝わるのだろう」。都市部の企業と交流する飯豊町の「農都交流型ツーリズム」を担当するJTBコーポレートセールス営業開発局の石川智康チーフマネージャー(51)は分析する。

 交通の便の悪さから、この地域には営業マンや教職員を自宅に泊めてきた歴史があったというが、簡単に対応できることではない。外国人でも都会の若者でも、まるごと懐に抱いてしまうような度量の大きさが、ここにはある。
やまがた観光復興元年 記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から