みんなの家庭菜園

[2]野菜を上手に作るには 苗の良しあしが重要

2014年04月10日 掲載
 野菜を上手に作るには、栽培する野菜がどのような性質を持っているかを十分理解することが必要です。野菜はそれぞれの種類によって、生育に適した温度が違うので、適期を逃さず種まき、植え付けすることが重要です。同じ種類でも、順調に生育するように、適時適品種を選ぶことが大切です。

 また、毎年同じ種類の野菜を同じ畑に続けて栽培すると、生育が悪くなったり、病害虫の発生が多くなったりします。この現象を連作障害といいます。連作障害を避けるには、アブラナ科ブラシカ属(キャベツ、白菜、カブ)、ナス科(トマト、ナス、ジャガイモ)、うり科(キュウリ、カボチャ)などは、昨年と同じ場所に植えないことです。場所を変えて、同じ科の野菜同士が連作にならないようにするため、毎年作付け図を作っておくと良いでしょう。また、トマトやナス、キュウリは土壌病害が多いので、接ぎ木苗を使用します。

 野菜作りには「苗半作」という言葉があるように、苗の良しあしがその後の生育、収穫量に大きく影響しますので、状態の良い苗を選びましょう。

 状態の良い苗の特徴は▽葉が厚くて色が濃い▽茎が太い▽節と節の間が短くずんぐりしている▽根鉢(ねばち)がしっかりしていて大きい▽虫や病気の跡がない▽白い根が出ている-などです。

(県農業技術環境課・斎藤謙二)
2015年掲載分 一覧
2014年掲載分 一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から