みんなの家庭菜園

[19]キャベツ、白菜 充実した外葉作り重要

2014年08月07日 掲載
 キャベツと白菜は、アブラナ科の代表的な結球葉菜です。どちらも冷涼な気候を好み、暑さは苦手な品目です。定植が早すぎると病害虫の被害を受けやすく、遅くなると結球がしにくくなるので適切な時期に種まきや定植を行いましょう。特に白菜は生理障害が発生しやすいので、ホウ素などの微量要素入りの肥料を使用します。

 キャベツは8月中旬ごろが定植の適期です。定植に適した苗は、育苗パネルのセルトレーで育苗した場合は葉が3、4枚、鉢育苗では5、6枚となったころが定植適期です。

 白菜は、直接畑に種をまくじかまきの場合は8月中旬、セルトレー育苗苗の定植は8月下旬が適期です。じかまきは、1カ所に5粒くらいまいて、葉が3枚くらいになる時期までに間引きを行い、1本立ちにします。

 キャベツと白菜は、外葉(株の外側の結球しない葉)で作られる同化養分が結球葉へ供給されて結球が大きくなるので、充実した外葉を作ることが重要です。また、球が大きくなる時期に肥料を効かせることも大切で、定植から20日くらいたった生育が盛んなころと、中心の葉が立ち始めたころに追肥を行います。

 収穫は、品種ごとに収穫までの日数が異なるので、種袋やカタログに書いてある日数を目安に、球の上部を手で軽く押して葉のつまり具合を確認しながら行います。とり遅れると割れることがあるので注意します。

 白菜は、冬に食べる機会も多いため、結球した白菜をある程度とり残して、順次利用することも可能です。畑に長期間置く場合は、凍害を受けないように、なるべく多くの外葉で結球を包み込むようにして、ポリテープなどで縛っておくことにより、品質を維持しつつ保存することができます。

(県置賜総合支庁農業技術普及課・中川隆彰)
2015年掲載分 一覧
2014年掲載分 一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から