山形県釣り情報

【庄内】

 ▽▼海=最上川河口で80センチのスズキが上がったが、ほとんどが40~60センチのフッコ。遊佐町青塚や酒田市浜中などの砂浜ではキスやヒラメ、シロギスが釣れるが、数や大きさはまちまち。
 ▽▼川=日向川、月光川は水量が減ってきた。
 ▽▼船=酒田沖では20~30センチのアジが好調で50匹ほど。ヒラメは5~10匹、他にマダイやワラサが釣れている。飛島沖では30センチ前後のメバルが30~60匹。

【最上】

 ▽▼サクラマス=鮭川中流で50センチ前後が1匹上がった。ルアーで狙う。
 ▽▼ヘラブナ=新庄市の最上公園で25~30センチが20~40匹。中層から底までが狙い目。

【内陸】

 ▽▼イワナ・ヤマメ=西川町大井沢の寒河江川は水量が若干少なく、食い渋り状態。
 ▽▼コイ=寒河江市の最上川は40~50センチが釣れる。練り餌かジャガイモで。
 ▽▼ヘラブナ=天童市の原崎沼は産卵後の状態が安定し、20~30匹が釣れる。東根市のえびづる沼は水量、水質ともに落ち着いている。山形市の沼の辺は30センチ前後が20匹ほど。沼の辺より標高の高い、上山市の前川ダムと山辺町の荒沼は共に水温が低く釣果はいまいち。両だんごがお勧め。

【置賜】

 ▽▼イワナ・ヤマメ=米沢市内は雨が少なく、各河川とも渇水状態で厳しい。魚が活動的になる朝夕で10匹程度。飯豊町の岩倉神社から岳谷までの本流でイワナの釣果があり、多い人で10匹程度。フライの方が食いが良い。小国町は荒川支流の金目川、河原角の滝川、横川本流の上流部がいずれも狙い目。水量の少ない上流にポイントが移っている。
 ▽▼ヘラブナ=高畠町の蛭沢湖は産卵後のため、28センチほどが10匹と釣果はいまひとつ。餌はバラケとオカメのセット釣りで。
2018年6月22日掲載

 山形新聞のモバイルサイト「モバイルやましん」「モバイルやましんスマート」では東北各県の釣果情報を提供しています。詳しくはこちら

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から