山形県釣り情報

【庄内】

 ▽▼海=庄内沿岸の砂浜で60~65センチのスズキが狙える。鶴岡市の鼠ケ関から温海にかけて各港の防波堤で、15~30センチのアジ。ルアーを使い、朝方が狙い目。
 ▽▼船=酒田沖で60~80センチのワラサが約20匹釣れ、飛島周辺では30センチほどのメバルが10~30匹上がる。新潟県境ではソイとメバルが好調。餌はイワシかイカを使う。30~60センチのマダイも上がるが不調。
 ▽▼川=赤川河口でサクラマスが釣れる。日向川や月光川などは増水のため釣りができない状態。

【最上】

 ▽▼サクラマス=戸沢村津谷の金打坊橋付近の鮭川で55センチが2匹上がった。川の濁りが取れ、釣果が期待できる。ルアー釣りで。
 ▽▼イワナ・ヤマメ=真室川町の小又川で20~30センチが15~30匹釣れた。水量が落ち着く午前中がお薦め。餌はブドウムシ。

【内陸】

 ▽▼イワナ・ヤマメ=大江町の月布川支流の大瀬川で20センチ前後が20匹ほど釣れる。午後は雪解けで増水するため、午前中が良い。餌はミミズとブドウムシがお薦め。西川町大井沢の寒河江川は、水温が低く雪解けや雨の影響で増水しており、釣果は期待できない。
 ▽▼ヘラブナ=原崎沼は低水温で食いが悪く、えびづる沼は増水で厳しい。前川ダム、沼の辺は5匹前後と不調。荒沼がシーズンインした。

【置賜】

 ▽▼イワナ・ヤマメ=米沢市の大樽川では午前中の2時間でイワナが6匹。水量はやや多めだが、濁りもなく水温も10度前後と最適。ただし釣り人が多く魚が警戒しているため、細い糸を使うと良い。

【】

 ▽▼=

【置賜】

 ▽▼ヘラブナ=高畠町の蛭沢湖は減水期で釣り人の数はまばら。魚の動きも鈍いが「えん堤」周辺では釣果が望める。えさは両だんご。
2017年4月28日掲載

 山形新聞のモバイルサイト「モバイルやましん」「モバイルやましんスマート」では東北各県の釣果情報を提供しています。詳しくはこちら

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から