県内ニュース

立て山鉾の内部からCG映像投影 ことしの酒田まつり、CFで挑戦

2017年04月21日 12:26
CG映像の投影に向けて立て山鉾の神社部分の改修作業が進められている=酒田市
CG映像の投影に向けて立て山鉾の神社部分の改修作業が進められている=酒田市
 ことしの立て山鉾(やまぼこ)をひと味違うものにしたい―。酒田青年会議所(JC)は酒田まつり(5月19―21日)で披露する立て山鉾に、内部からコンピューターグラフィックス(CG)映像を投影する計画に挑戦している。インターネットで不特定多数の人から資金を調達するクラウドファンディング(CF)で費用80万円を賄うが、目標金額に届かなければ実施しない。同会議所の山鉾委員会メンバーは「若い発想で面白いことに取り組みたい」と意気盛んだ。

 酒田まつりは上・下日枝神社の例大祭が起源で、400年以上受け継がれている。立て山鉾は1900年代初頭に姿を消したが、同JCが96年に高さ約6メートルのものを、2008年には約20メートルのものを復活させた。

 毎年、改修して使用しており、同委員会メンバーが紙貼りや塗装、組み立てなどをして完成させている。昨秋、ことしの酒田まつりに向けた話し合いをしていた際に、山鉾の中央付近にある神社部分に映像を投影してはどうかという提案があった。

 和紙を貼った神社部分の縦1.8メートル、横3.6メートルに、内側から和の趣のCG映像をプロジェクターで映す構想。5月19日の宵まつりで初披露する予定で、ことし2月から作業を進めてきた。今月13日は酒田港の倉庫の一角に同JCメンバーら10人ほどが集まり、ブラシを使ってワイヤに和紙を貼り付けていた。映像も現在、制作中だという。

昨年の酒田まつりの宵まつりで点灯した立て山鉾。ことしは中央の神社部分に映像を投影する計画が進んでいる=2016年5月19日、酒田市・日和山公園
昨年の酒田まつりの宵まつりで点灯した立て山鉾。ことしは中央の神社部分に映像を投影する計画が進んでいる=2016年5月19日、酒田市・日和山公園
 この挑戦の資金は5月7日までCFで募っている。3千円~15万円までの7コースを用意し▽5千円=酒田産つや姫1キロ▽1万円=つや姫1キロと純米酒かリキュール▽15万円=つや姫2キロとお酒3本セットと2泊3日酒田海釣りツアーペアチケット―などの特典もある。CFへの全参加者の名前を動画配信サイトで限定公開する映像で紹介する予定。

 ことしの山鉾委員会委員長の大和田基継さん(37)は「この挑戦が次の世代の酒田まつりにつながると思っている。ぜひ多くの方に協力してほしい」と話している。CFのサイトはhttps://camp-fire.jp/projects/view/26446

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から