県内ニュース

走って粘って、最後は瀬沼! モンテ、PO圏内入り

2017年06月18日 11:37
〈横浜C―山形〉後半ロスタイム、決勝弾を決めたMF瀬沼優司が雄たけびを上げる=横浜市・ニッパツ三ツ沢球技場
〈横浜C―山形〉後半ロスタイム、決勝弾を決めたMF瀬沼優司が雄たけびを上げる=横浜市・ニッパツ三ツ沢球技場
 サッカーJ2は第19節第1日の17日、各地で10試合を行い、モンテディオ山形は横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で横浜Cと対戦、後半ロスタイムにゴールを奪い、1―0で勝利した。通算成績は8勝8分け3敗で勝ち点は32。順位は前節から三つ上げて5位となった。山形は9戦負けなし。

 山形は0―0で迎えた後半開始から攻勢を強め、何度も相手ゴールを脅かした。ピンチもあったが無失点でしのぎ、試合終了間際、カウンターからFW永藤歩、MF瀬川和樹とパスをつなぎ、MF瀬沼優司が右足シュートでゴールネットを揺らした。山形側のサポーターは千人以上が詰め掛けた。

 21日の天皇杯全日本選手権2回戦(対長崎)を挟み、リーグ戦第20節は25日、天童市のNDソフトスタジアム山形で徳島と対戦する。

 このほか、福岡は名古屋を3―1で下し、勝ち点37で首位を守った。湘南は京都に1―0で勝ち、同37として得失点差で2位。群馬―松本は18日に行われる。

 【評】耐えながらも攻め続けた山形が最終盤の絶好機をものにした。後半は相手守備の間や裏への縦パスが効果的に入り、中央とサイドで選手が前を向ける場面が多かった。横浜Cは外国人FWを軸に攻めたが、山形のタフな守備に手を焼き、最後は運動量が落ちて主導権を手放した。

終了間際の得点で競り勝ち、喜ぶ山形イレブン
終了間際の得点で競り勝ち、喜ぶ山形イレブン
【青炎】ロスタイムにまた勝ち越し
 震えるような興奮を、またもサポーターにもたらした。山形が後半ロスタイムに勝ち越したのは今季3度目。イレブンの執念は尽きない運動量や球際の強さとなって表れ、MF瀬沼優司の決勝弾へと実を結んだ。アシストしたMF瀬川和樹は「失点ゼロだからこそ最後にチャンスが巡ってくる。それが今のチームの強み」。上位の難敵を下し、ついにJ1昇格プレーオフ出場圏内(3~6位)に上ってきた。

 互いに決定機をつくり「どちらに転んでもおかしくない」(瀬沼)試合で、山形が走り勝った。後半途中からは根負けしたように相手のプレスが鈍る。カウンターからの決勝点はラストプレーだったが、横浜Cのゴール前の選手は山形の方が多かった。そして最後を仕上げたのは、キャンプでも持久力でチーム1、2を争っていた瀬沼と瀬川。この日も有利なポジションを取ったり裏に抜けたりするダッシュを繰り返し、相手守備を効果的に揺さぶった。

 横浜Cの長身FWイバら攻撃陣に対し、山形の守備陣が立ちふさがった。身長が170センチ台のDF茂木力也やDF高木利弥も気後れせずに競り合い、相手のリズムを断ち切った。センターバックの中央を担うDF菅沼駿哉は「自分が真ん中を空けなくて済む」と、自分の両脇にいる若手2人の成長を頼もしげに語る。

 茂木は「みんなが同じ方向を向けている」。約束事を徹底し、勝負どころではポジションに関係なく体を張っている。J2は3位から11位まで勝ち点3の中にひしめく混戦。相手がどこだろうと発揮している安定感は今後も大きなアドバンテージになろう。瀬沼は敵地での大声援に感謝し「すごくいい雰囲気をつくってくれた。何とか気持ち良く帰ってほしかった」。勝ち点3とともにサポーターの心もがっちりとつかみ、山形が上位戦線に名乗りを上げた。

ホームのような雰囲気だった
 木山隆之(たかし)監督の話 後半、相手の前線とボランチの守備を外せばチャンスになると思った。ミスからカウンターを受ける場面もあったが、勇気を持って相手守備の間にパスを差し込んだ結果、最後は相手の足が止まったと思う。ホームのような雰囲気で後押ししてもらった。

モンテ選手ひと言
 ▽MF本田拓也 安定した戦いはできている。次は複数得点で勝ちたい。もう少し攻撃に厚みを持たせ、バリエーションを増やしたい。

 ▽GK児玉剛 11人全員がハードワークした結果の勝利だと思う。

 ▽DF高木利弥 DFラインの3人で相手に仕事をさせなかった。この勝利は大きいが、もっと自分たちの時間を増やしたい。

 ▽MF中村駿 他の選手がドリブルで押し込んでくれたおかげで、フリーでボールを受けることができた。

 ▽DF茂木力也 あれだけ粘り強く守って最後に前の選手が決めてくれて、気持ちいい勝ち方。球際の強さもカバリングも徹底できた。

関連写真

  • 試合終了間際、決勝ゴールを決めるMF瀬沼優司
  • 後半ロスタイムに勝ち越しゴールを決め、駆けだすMF瀬沼優司
  • アウェーのゴール裏を埋めた山形サポーター
  • 後半、MF山田拓巳(左)が相手外国人DFと激しく競る
  • 後半、ドリブルで攻め上がるMF汰木康也(25)
  • 後半、ピンチでボールをクリアするMF中村駿
  • 後半、縦に突破するDF茂木力也
  • 試合終了後、あいさつに来たイレブンと喜びを分かち合う山形サポーター

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から