県内ニュース

県産米「雪若丸」のロゴ決定 キャッチフレーズは「つぶ、いきいき。」

2017年07月13日 20:51
来年、本格デビューする県産米新品種「雪若丸」の米袋デザイン=山形市・ホテルメトロポリタン山形
来年、本格デビューする県産米新品種「雪若丸」の米袋デザイン=山形市・ホテルメトロポリタン山形
 来年秋にデビューする県産米新品種「雪若丸」の米袋デザインなどが13日、決まった。ロゴは、太陽や日本をイメージさせる大きな赤い丸、山盛りご飯をよそった茶わんを表す、緑色の小さな丸が四つあしらわれている。キャッチフレーズは「つぶ、いきいき。」。ブランドコピーには「山形から元気なお米」を選んだ。

 山形市のホテルメトロポリタン山形で同日開かれた、山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部(本部長・吉村美栄子知事)の初めての会議で、ロゴと米袋デザイン、キャッチフレーズを決めた。キャッチフレーズ、ブランドコピーの他に、コメの品種特性を表現したプロダクトコピーとして、「粒立ちしっかり おいしい新食感」も選定。それぞれのフレーズやコピーを使用目的や場面に応じて使い分ける。

 同本部事務局の県はロゴや米袋のデザインなどの選定に向け、今年4月、県内外の6業者の中から委託先となる県内の1社を選んだ。東京都内で活動するデザイナー・徳田祐司さんが考案した候補作4点を絞り込み、先月には首都圏でアンケートを実施した。同本部の会議ではアンケートで最も支持を得たデザインなどを事務局案として提示。有識者ら同本部の委員20人が全員、事務局案に賛同し、決まった。

 会議で決定後、吉村知事が記者会見を開き、県立農林大学校の男子学生で結成した「チーム雪若丸」と米袋のデザインを発表。吉村知事は「消費者から(店頭で)求められるものになった。ちゃぶ台や食卓を囲む家族も想像させ、『つや姫』の弟を皆さんに愛してもらいたい」と話した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から