県内ニュース

ワイヴァンズ、狙うホーム初勝利 きょう21日からVS群馬

2017年10月21日 10:49
 バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは21、22の両日、天童市スポーツセンターで群馬(中地区)と対戦する。ホーム開幕戦となった第2節は2連敗に終わり、今節はホーム初勝利が懸かる。

 山形は20日、試合会場で調整した。14、15の両日に行われた第3節を1勝1敗で終え、通算成績は2勝4敗と出遅れている。ジョセフ・クックエグゼクティブコーチ(EC)も「(6試合の中で)ポジティブなところはなかなか見つけにくい」と表情は厳しい。

 対戦相手の群馬は昨季まで東地区に属し、優勝した。今季はこれまで4勝2敗の成績で中地区首位に立つ。昨季も主力だったトーマス・ケネディ、補強したライアン・ステファンの外国人選手が攻守の要になる。前節は2人でチーム全得点の半数以上を奪った。

 群馬はチームディフェンスからの素早い攻めを得意とする。「ゴール下で体を張り、無理にシュートを打たせる展開に持ち込みたい」とクックEC。主将の佐藤正成(山形南高出)は「簡単なミスからの失点を避けたい。常にシュートで攻撃を終える」と試合のポイントを強調した。

今季新加入で司令塔を務める河野誠司=天童市スポーツセンター
今季新加入で司令塔を務める河野誠司=天童市スポーツセンター
PG河野、攻撃をけん引
 ○…ポイントガード河野誠司がチームの攻撃をけん引している。前節を終え、3点シュート成功率などは2部でトップ5入り。ホーム初勝利への鍵を握る。

 河野は6試合を消化し、3点シュート成功率56.67%は2部2位、1試合当たりのアシスト数は5.33本で同4位に入っている。「3点シュートは仲間が良いパスをくれるから。アシストは仲間がシュートを決めてくれるから」。胸を張れる数字も淡々と受け止め、「どの選手で得点を取れるのか見定めたい」と貪欲だ。

 攻撃の司令塔としての活躍が目立つ中、本人が試合中で一番意識するのは守備だ。理想は「守る守備ではなく、攻める守備」。強力な外国人選手を擁する群馬に対しても「状況を見ながら、ダブルチーム(2人掛かり)で抑えたい」と献身的な働きを誓う。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から