県内ニュース

県内2社、上位独占 全国シールラベルコンテスト

2017年10月21日 13:47
最高賞に輝いた贈答用「佐藤錦」のラベル
最高賞に輝いた贈答用「佐藤錦」のラベル
 全日本シール印刷協同組合連合会の「第27回シールラベルコンテスト」で、進和ラベル印刷(上山市、晋道純一社長)が最高賞の経済産業大臣賞に輝き、最高賞に次ぐ経済産業省商務情報政策局長賞に精英堂印刷(米沢市、井上吉昭社長)の2点が選ばれた。県内2社が上位を独占し、本県印刷技術のレベルの高さを示した。

 進和ラベル印刷は、ヤマキさくらんぼ園(南陽市)の贈答用サクランボのラベルとして制作した。主力品種「佐藤錦」に合わせた高級感のあるデザインを心掛け、金箔(きんぱく)で縁取ったほか、印刷した時に上質な輝きが出る「パール紙」を使うなどした。さらにグラデーションの再現性が高いオフセット印刷で、葉の陰やサクランボのつやも表現し「すっきりとしたデザインが好印象で高級感にあふれ、とても印象に残る」などと評価された。

 2015年に初めて導入したオフセット印刷機での受賞に、晋道社長は「東京での販路拡大を狙った設備投資が実を結んだ」と喜びもひとしお。「16年ぶり2度目の最高賞はとても光栄。県内でいいライバルがいるからこそ受賞できた」と語った。

 精英堂印刷の2点は、ともにインクのにじみがなく、輪郭や色の再現性に優れる「水なし印刷」を採用した。純米大吟醸「山法師」は六歌仙(東根市)の同銘柄発売20周年を記念したラベルで、織物風の縦じまの柄を背景にし、祝いの紅白の水引をあしらった。「立体的な雰囲気を再現し、印刷精度も申し分ない」との評価を得た。

 大吟醸「千歳鶴」は日本清酒(札幌市)の代表銘柄のラベルで、6羽の鶴が舞い、杜氏(とうじ)が女性という特徴を華やかなデザインで表現した。「バランスが良く、あでやかな印象が残る」との評価だった。

 井上社長は「2点とも30代の社員が印刷を担当した。受賞は技術の継承がしっかりできた証しで、非常にうれしい」と話している。

 コンテストは毎年開かれており、今回は55社から93作品が寄せられた。

関連写真

  • 経産省局長賞に選ばれた純米大吟醸「山法師」の発売20周年記念ラベル
  • 経産省局長賞の大吟醸「千歳鶴」のラベル

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から