県内ニュース

ユニーク返礼品、次々と 新庄東高生、ふるさと納税で考案中

2017年10月21日 14:46
返礼品のアイデアを出し合う生徒=新庄市・新庄東高
返礼品のアイデアを出し合う生徒=新庄市・新庄東高
 新庄東高(新庄市、田宮邦彦校長)の生徒が、同市のふるさと納税返礼品の企画、検討に取り組んでいる。市と広告代理店、同校が連携した取り組みで、新庄まつりや雪、特産品などを取り入れた新庄ならではのお返しを模索中だ。11月までに企画書を完成させ、市が返礼品リストに加える。

 同校は郷土愛の醸成を目的に、最上地域の自治体ごとに分かれた独自の総合学習を行っている。市職員が大手広告代理店電通(東京)の自治体職員向け研修に毎年派遣されている縁で同社の社員が講師を務め、1、2年生17人が参加している。これまで全国の返礼品の事例を学び、市の強みなどを探ってきた。

 12日の授業で企画書の原案を作成した。生徒たちからは▽市の花アジサイをモチーフにした菓子▽除雪機の貸し出し▽新庄東山焼のビアタンブラー▽雪や新庄まつりを生かした体験型観光―といった多彩なアイデアが出され、講師の指導を受けながら数点に絞り込んだ。

 1年市田優衣さん(15)は結婚式のプランを発案した。「Uターン挙式から定住にもつなげられたらうれしい」と語った。新庄まつりの山車(やたい)のパーツを返礼品とする案を思い付いた2年佐藤音々さん(17)は、「山車を見ている人がパーツを欲しいと言っているのを聞いたことがあった。せっかく作ったものだから有効活用したい」と意気込んだ。

 今後は企画内容を磨き上げ、11月9日に市や同社、市内事業所の関係者を招いた発表会を開く。提案された企画は年度内に最低1品目を、数年以内に他の全てについても市が実現させる予定だという。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から