県内ニュース

【2017衆院選】県内小選挙区10候補、最後の訴え終える

2017年10月22日 12:26
 衆院選は21日、運動最終日を迎えた。県内3小選挙区に出馬した10人の候補者はこの日も秋の深まる県内を駆け回り、それぞれの政策や主義・主張を県民に届けた。最後の訴えを終えた候補者たち。有権者の審判は22日に下される。

【1区】
遠藤利明候補(自前)
 最終日の朝は恒例の「勝利への出陣式」で始まった。「2、3区も含め3人一緒の当選を目指す。最後まで全力で戦う」と決意を語った。支援者に見送られ、気合を入れ直し、山形市内をくまなく遊説。全力の訴えを続け、拍手の中、選挙カーは事務所へ帰還した。出迎えたスタッフ全員と握手し「ありがとう」。疲れた様子はなく「明日は必ず良い結果が出る」と、いつもの笑顔を見せた。

荒井寛候補(希新)
 「必勝」などとメッセージが書かれたサポーターを腕に巻き、支援者の思いを胸に山形市で街頭演説を重ねた。一貫して訴えたのは、人への投資を重視した政治の重要性。44歳の若さ全開に、市中心部を練り歩いては買い物客と握手を交わした。温かい拍手に迎えられて事務所に戻り、「日を追うごとに仲間が増えた。みんなの熱い気持ちが結集して力になった」と12日間の支援に感謝した。

石川渉候補(共新)
 最終日は山形市内約30カ所で街頭演説を重ね、愚直に政策を訴え続けた。JR山形駅前では、党所属の県議や市議と共にマイクを握り、「憲法9条を守り、子どもや孫の世代にも平和な日本を引き継いでいこう」と力を込めた。12日間の締めくくりに選んだのは、地元の青田地区。駆け付けた陣営関係者が奮闘を拍手でねぎらうと、「訴えはしっかり届いたと思う」とわずかに表情を緩めた。

【2区】
鈴木憲和候補(自前)
 小泉進次郎党筆頭副幹事長を地元・南陽市に迎えて街頭演説を実施。高畠町を経て米沢市に入り、6カ所で街頭から訴えた。マイク納めの場所はJA山形おきたま米沢支店前。支援者一人一人と握手した後、妻鷹子さんと並んで深々と頭を下げ、感謝の言葉を繰り返した。支援県議らが「執念の強い方が勝つ。投票箱のふたが閉まるまで気を緩めずに」と引き締め、全員で勝ちどきを上げた。

近藤洋介候補(希前)
 長井市を出発し、南陽市、高畠町を経て、最後は地元の米沢市へ。市街地で街頭演説を重ねた。集まった有権者に駆け寄っては熱く握手を交わし、選挙カーからは「米沢の洋介 地元の洋介」と繰り返した。スタッフに拍手で出迎えられ、事務所前でマイク納め。「心が折れそうな時、いつも支えてもらった。勝って恩を返したい」と感謝し、勝利を誓ってガンバロー三唱で締めた。

岩本康嗣候補(共新)
 地元米沢市を選挙カーで隅々まで駆け回り、道行く人たちに力強く手を振った。学童保育所前で行った街頭演説では、興味津々に集まった“将来の有権者”とも膝を折って握手。午後8時前に309回目となる締めくくりの街頭演説に臨み、これまで出会った有権者の声を紹介しながら「戦争する国造りだけはさせない」と強調。集まった支持者や陣営スタッフから拍手が起こった。

【3区】
城取良太候補(諸新)
 新庄市中心部での街頭演説で運動を開始。選挙カーで選挙区全域を駆け抜け「国防強化や減税を主張する本当の保守勢力として、ぶれない自分を信じてほしい」と訴えた。「これまでの選挙よりも有権者の反応は格段に良い」と笑顔で語り、遊佐町や酒田市で最後の訴えを繰り返した。最後は同市豊里の事務所で、スタッフへねぎらいの言葉を掛けて12日間の戦いを締めくくった。

加藤鮎子候補(自前)
 酒田市から活動をスタートさせた。昼前に鶴岡市櫛引地域で街頭演説。選挙戦3度目の来援となる小泉進次郎党筆頭副幹事長と並んで支持を呼び掛けた。午後も地元鶴岡を重点的に回り3カ所でマイクを握った。締めくくりは同市大東町の事務所前。「私の見える所、見えない所で多くの人が汗をかき、支えてくれたと思う。ありがとうございました」。スタッフと笑顔で記念写真に納まった。

加藤太一候補(共新)
 地元鶴岡市の中心部と大山地区で選挙カーを走らせ、商業施設前などで街頭演説。支持者から「もう一息だ。頑張れ」と励ましの声が掛けられると、笑顔で応えた。夜は同市中心商店街で開かれた「山王ナイトバザール」で支持を訴え、最後は事務所前で演説。「暮らしと平和を守るため、これからも一緒に頑張っていこう」と語ると、集まった支持者や陣営スタッフから拍手が送られた。

阿部寿一候補(希元)
 最上地域で遊説を始め、鶴岡市を回り、地元・酒田市に入った。スーパー前で行った街頭演説では、有権者が「頑張れ」「あと少し」と握手を求め、笑顔で応えた。最後は、市長時代から最終会場に選んできたという酒田市内の自宅近くで個人演説会を開催。支援に感謝しながら「上から目線ではなく、住民と悩みを共有し、国に伝えるのが国会議員の役割。働かせてほしい」と訴えた。

関連写真

  • 遠藤利明候補
  • 荒井寛候補
  • 石川渉候補
  • 鈴木憲和候補
  • 近藤洋介候補
  • 岩本康嗣候補
  • 城取良太候補
  • 加藤鮎子候補
  • 加藤太一候補
  • 阿部寿一候補

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から