県内ニュース

【2017衆院選】県内10陣営、戦い終えて 弁舌熱く、有権者に届け

2017年10月22日 13:19
 衆院選は県内3小選挙区に10候補が出馬し、21日までの12日間、県内各地で舌戦を繰り広げてきた。各陣営の代表らに、選挙戦の手応えを聞いた。(各区、上から届け出順)

■1区
王道の選挙戦展開【遠藤利明陣営】
 大内理加総合選対幹事長 他候補の動きに惑わされることなく、中盤以降は大差で当選し、圧倒的な勝利を収めるため陣営を引き締めてきた。着々とやるべきことをし、政権継続の必要性と、党と候補者の政策を前面に出した王道の選挙戦が展開できた。必ず勝つ。

政策、分かりやすく【荒井寛陣営】
 鹿野道彦総括責任者 候補者は44歳の責任世代の代表であり、知名度を上げるべく精力的に戦い、政策を分かりやすく伝える努力をした。争点は5年間の安倍政権がどうであったのかにあり、有権者に判断をいただくために訴えた。手応えがあったと認識している。

幅広い層から応援【石川渉陣営】
 稲毛浩行選対本部長 候補者は最後まで憲法9条の堅持、消費税を増税しない形での社会保障充実策を訴え続けた。幅広い層から応援の声が寄せられ、手応えをつかんでいる。政策への共感、ぶれない党への信頼を強く感じており、戦いがいのある選挙だった。

■2区
ぶれない政治姿勢【鈴木憲和陣営】
 野川政文選対本部長 森友、加計学園問題の対応などで安倍政権への批判がある中、厳しい戦いだった。希望の党の混乱を横目で見ながら、党所属議員や首長有志らを中心に全力を尽くし、鈴木候補のぶれない政治姿勢を訴えてきた。手応えを感じている。

地元に根差し訴え【近藤洋介陣営】
 木村忠三選対本部長 民進の希望への合流などで準備が整わないまま選挙戦に突入し、厳しい戦いだった。党ではなく近藤個人と地元に根差した国会議員の必要性を訴え続け、後半は手応えを感じた。やってきたことは必ず結果に表れると信じている。

政策を理路整然と【岩本康嗣陣営】
 高橋寿選対本部長 理路整然と政策を訴えた、全開の12日間だった。延べ300カ所以上で街頭演説し、「安倍政権の暴走政治ストップ、平和を願う1票は共産党へ」と呼び掛けた。幅広い理解と共感の声をいただき、支持は広がったとの手応えを感じている。

■3区
新選択肢アピール【城取良太陣営】
 伊藤洋一選対本部長 あるべき日本の姿として、国防強化と消費税減税を一貫して主張し、既存政治に不満を持つ保守層や家計を守る主婦、将来不安を抱く若年層に支持や共感が広がったと思う。選挙戦を通じ、新たな選択肢として確実にアピールできた。

候補者自身も成長【加藤鮎子陣営】
 中村修一選対本部長 地方創生の重要性、自公政権の継続を一貫して訴えた。政権選択の判断材料として、ぶれない姿勢を有権者に示すことができた。加藤鮎候補者自身も初当選時に比べ、成長を感じられた選挙戦ではなかったか。手応えは十分だ。

共感の声に手応え【加藤太一陣営】
 五十嵐貞子選対本部長 関係者が一丸となり、安倍政権の暴走ストップを訴え抜いた。「9条は世界の宝だ」「共産党を躍進させよう」という共感の声が多く寄せられ、手応えを感じる。鶴岡市長選・市議選の良い結果が、ラストスパートの後押しになった。

団結、全力で戦った【阿部寿一陣営】
 宮本宏二郎選対本部長 ゾウ(巨大組織)にアリが立ち向かうような選挙だったが、小さくても団結し、全力で戦えば勝つという気持ちで走ってきた。全員が「自分の選挙」との気持ちで臨み、地域の代表は阿部候補だと有権者に伝えられた。手応えは十分。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から