県内ニュース

風雪の影響で停電や建物被害 県内

2017年12月28日 07:07
PR
 強い冬型の気圧配置が続く県内では27日、大雪や強風の影響で公共交通機関が大きく乱れた。南陽市や酒田市などでは停電が発生し、建物被害も確認された。荒れた天候は28日の午前中まで続く見込みで、引き続き注意が必要となる。

 【道路】吹雪のため昨夜から全面通行止めになっていた山形自動車道西川―月山間の規制は午後2時40分に解除された。

 【停電】午前7時55分ごろ、遊佐町吹浦で最大123戸(街路灯などを含む契約数)、午前8時35分ごろには酒田市本楯などで最大811戸(同)が停電し、いずれも同10時45分ごろまでに全面復旧した。同11時10分ごろ、鶴岡市湯野浜地区で最大315戸(同)が停電し、約3時間に全面復旧した。午後1時半ごろには、南陽市赤湯などで最大34戸(同)が停電し、約50分後に全面復旧した。強風で電線が切れたことなどが原因。

 【農林水産関係】県危機管理課によると、午後3時までにパイプハウスの被覆ビニールが破損する被害が長井市や大蔵村などで37件確認された。白鷹町と大蔵村では計3棟の畜舎が壊れ、同村ではシイタケ栽培のハウスが破損しているのが見つかった。

 【建物】県危機管理課のまとめでは、午後3時までに川西、飯豊の両町で強風により屋根がはがれる被害が3件確認された。鶴岡市では外壁破損が1件あった。

つばさなど乱れる
 【交通機関】JRは山形新幹線つばさ2本、羽越本線の特急いなほ10本が運休、区間運休した。つばさは29本が最大1時間56分遅れた。このほか奥羽本線、羽越本線、陸羽東線、陸羽西線、米坂線のダイヤも乱れ、計56本が運休。フラワー長井線は9本が遅れた。鉄道関係は計約1万9510人に影響が出た。始発から運転を見合わせた奥羽本線の庭坂(福島市)―米沢間の普通列車は、28日も引き続き終日運休する。つばさは平常運転の予定。

 庄内空港は全8便が欠航。山形空港では、到着した羽田便が着陸後にスリップし、点検のため同じ機体を使う伊丹行きが欠航となったほか、3便が遅れた。合わせて1225人に影響が出た。

 28日の庄内発羽田行き全日空394便(午前7時15分発)は欠航を決めた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から