県内ニュース

初の「マルシェ」、女性の力で街に活気 上山・夏秋には「プチ」

2018年05月16日 11:56
若い女性たちが中心となって企画した「グランドマルシェ」。多くの家族連れなどでにぎわった=上山市
若い女性たちが中心となって企画した「グランドマルシェ」。多くの家族連れなどでにぎわった=上山市
 上山市内21店舗による出張商店街「グランドマルシェ」が、市中心部の二日町プラザ前で初めて開かれた。中心市街地のにぎわい創出へ、若い女性らが中心となって企画したイベントで、多くの人が足を運んだ。夏と秋にもプラザの一角で「プチマルシェ」を開催する予定で、関係者は「今後も若い力を生かす機会を増やしたい」と意欲を見せている。

 グランドマルシェは、同日行われた複合ビル「二日町プラザ」のグランドオープンに合わせ、かみのやま温泉商店街振興会(松本佳子会長)が12日に開催した。ビルには2年前までショッピングセンターがあったが、運営組織が自己破産。その後も店舗の撤退が続くなど空洞化が進み、中心街の衰退が懸念されていた。

 そうした中、去年8月に市などがビルの再生整備を決定。これに合わせ市内の各店舗をPRし、中心商店街に足を運んでもらう場を設けようと企画した。ビル1階に市総合子どもセンター「めんごりあ」が移転することから、子育て世代のニーズを反映した催しを目指し、各事業所の若手女性らをメンバーにした実行委員会を組織、1月から6回の会合を重ね、おしゃれなデザインのチラシを作るなど女性ならではの視点で準備を進めてきた。

 当日は会場の同プラザ前の県道95メートル区間を歩行者天国にし、各店がかき氷やパン、団子などの軽食や、かわいらしいハンドメードの子ども服や陶器などを用意。会場には家族連れや友達同士らが訪れ、店員と会話を楽しむ姿が見られたり、お菓子の振る舞いなどさまざまなイベントもあってにぎわった。

 松本会長は「女性たちは意欲的に活動し、子どもたちのステージなどのアイデアも出してくれていいイベントになった。今後もメンバーが意見を出し合い、『めんごりあ』と相乗効果が期待でき、街が盛り上がるようなイベントを考えていきたい」としている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から