県内ニュース

芸術に触れる、体験型イベント多数 9月開催の「山形ビエンナーレ」詳細

2018年05月23日 11:20
「山形ビエンナーレ2018」の公式パンフレット
「山形ビエンナーレ2018」の公式パンフレット
 東北芸術工科大が9月に開催する「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018」の詳細な概要が固まった。絵本作家の荒井良二さん(山形市出身)を芸術監督に「山のような」をテーマに実施する今回、参加アーティスト数は過去最多の107個人・団体に上る。市民との共同制作プログラムなど体験型イベントを多数用意し、心躍る出会いや学びを提供していく。

 ビエンナーレは2年に1回開く芸術祭で、3回目となる今回の会期は9月1~24日。招待する参加アーティストは、絵本作家のミロコマチコさん、ビジュアルデザインスタジオ「WOW」、詩人の和合亮一さんなどで、初めて山形交響楽団が登場する。山形市の文翔館周辺、東北芸術工科大の両エリアを主会場に、「企画展」「ライブ」「トーク」「上映会」として計33のプログラムを実施する。

 また「山のような100ものがたり」と銘打った企画を展開し、本県の魅力を再認識してもらうようなアート作品100点を芸工大に展示する。学生や卒業生も出品者に名を連ねることから、ビエンナーレ全体の参加アーティストが大幅に増加。イベントのスケジュールなどは、完成した公式パンフレットに掲載しており、ウェブサイトを通じても確認できる。

 多くの来場者を呼び込むため、各種イベントは週末を中心に実施。プログラムディレクターを務める宮本武典教授は「家族で参加してもらい、特に子どもたちにアートに触れる機会をプレゼントしたい。分からないことがあればスタッフに聞いてもらい、そこから生まれるコミュニケーションを大切にしたい」と話す。

 問い合わせは、ビエンナーレ事務局023(627)2091。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から