県内ニュース

佐藤さん(公益大)、難民支援企画で受賞 UNHCR協コンペ

2018年06月11日 11:15
PR
 難民支援に取り組む国連UNHCR協会(東京)が、支援活動を後押しする企画を募った学生アイデア・コンペで、東北公益文科大(酒田市)の3年佐藤巴瑠貴(はるき)さん(22)が「ベスト・クリエイティブ賞」を受賞した。難民生活を疑似体験するゲームを通じて現状を理解し、支援拡大や募金促進につなげる企画。実際にゲームの開発準備も始めている。

 佐藤さんは酒田市出身。支援拡大の「入り口」を広げる必要があると、興味を持ちやすいゲームに着目した。ゲーム上で難民生活を疑似体験しながら、より多く物資を獲得したチームなどが勝つ内容。コンペでは「難民問題に関心のなかった人に効果的にアピールできる」「世界に発信することで世の中を変える可能性がある」と高い評価を受けた。応募総数は非公開で、佐藤さんは設けられた3賞のうちの一つを受賞した。

 ゲーム開発を目指している佐藤さんは、約10人でプロジェクトチームを結成。まずはカードゲームの開発を行い、将来はアプリゲームへの発展も。クラウドファンディングで資金調達し、ゲーム制作と印刷を実現したい考えだ。佐藤さんは「教育現場で活用すれば難民が身近な問題ではない日本の子どもたちに関心を持ってもらえる。翻訳し、世界に発信することも考えている」と目標を語った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から