県内ニュース

良好な出来に審査も一苦労 山形で佐藤錦品評会

2018年06月21日 11:41
県産サクランボの主力品種「佐藤錦」の品評会=山形市・霞城セントラル
県産サクランボの主力品種「佐藤錦」の品評会=山形市・霞城セントラル
 県産サクランボの主力品種「佐藤錦」の品評会が20日、山形市の霞城セントラルで開かれ、箱に並べて詰めた「パック詰め」部門で、JA山形おきたまの長谷部翔太さん(南陽市)が最優秀賞(農林水産大臣賞)に輝いた。バラ詰めの「裸詰め」部門では、同JAの遠藤稔さん(南陽市)が最優秀賞を獲得した。

 県内各地からパック詰め(500グラム2パック)に18点、裸詰め部門(1キロ)に46点が出品された。県やJAの関係者が大きさや色合い、全体のバランスなどを審査した。

 今季は実の肥大が良好で色つやもよく、最後まで悩む審査員の姿が見られた。審査委員長の丸山康広県農業総合研究センター園芸試験場長は「順位を付けるのに苦労した。パック詰めでは、卓越した技を感じた」と講評した。

 県JA園芸振興協議会とJA全農山形が栽培技術向上と、出荷規格統一を目的に毎年、品評会を開催している。他の主な入賞者は次の通り。(かっこ内は所属JA)

 ▽パック詰め優秀賞=元木太志(さくらんぼひがしね)佐藤和愛(やまがた)アンスリーファーム(さがえ西村山)▽裸詰め優秀賞=高嶋忠康(さくらんぼひがしね)植松真二(同)平沢幸樹(同)▽最高糖度賞=長谷部翔太(27.4度)

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から