県内ニュース

ぽっぽの湯で「託児カフェ」スタート 鶴岡・子育てママ、温泉ゆっくり

2018年06月21日 14:34
母親が温泉に入浴している間、一時的に子どもを預かるお風呂託児カフェ=鶴岡市・長沼温泉ぽっぽの湯
母親が温泉に入浴している間、一時的に子どもを預かるお風呂託児カフェ=鶴岡市・長沼温泉ぽっぽの湯
 母親が温泉に入浴している間、一時的に子どもを預かる「ママへぽっぽでほっとお風呂託児カフェ」が19日から、鶴岡市の長沼温泉ぽっぽの湯で本格的にスタートした。子育てで忙しい母親を応援しようと、NPO法人明日のたね(伊藤和美代表)が初めて企画。来年3月まで定期的に実施する。

 同法人は2014年に設立された。庄内地方の子育て情報サイト「TOMONI」を運営するほか、母親同士が子育ての悩みなどを語り合うトークイベントなどを展開している。伊藤代表自身も小学生の娘2人を育てており、託児カフェは「お母さんお父さんがひと息つける時間を」との思いから企画した。

 同温泉施設内の1室を借り、おもちゃや絵本などを用意。同法人のメンバーが4人程度で預かり、必要に応じてミルクやおむつ交換も行う。利用者の同市伊勢横内、公務員安達郁美さん(30)は「(普段の入浴時は)準備など子どもの世話に追われて、慌ただしく終わってしまう。久しぶりにゆっくり入浴できてよかった」と話した。

 伊藤代表は「少し子どもと離れて自分の時間を設けることで、子育てを見つめ直すことができる。託児だけでなく、集まったお母さん同士の交流も兼ねて、今後も進めたい」と期待を込める。

 託児カフェは3月までの毎月第3火曜午前10時~午後3時に開設する。フェイスブックのイベントページや電話で前日までに予約が必要。料金は子ども1人当たり500円。問い合わせは同法人0235(64)8623。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から