県内ニュース

松本(米沢東)、3年連続2冠 県高校総体水泳・飛び込み男子

2018年06月25日 14:32
〈男子高飛び込み〉3回目の試技に挑む松本慧(米沢東)=米沢市営プール
〈男子高飛び込み〉3回目の試技に挑む松本慧(米沢東)=米沢市営プール
競泳女子800リレー、日大山形が2連覇―大会新記録
 第69回県高校総合体育大会の水泳は最終日の24日、山形、米沢の両市でそれぞれ競泳と飛び込みの2競技が行われた。競泳女子800メートルリレーの日大山形(加藤優奈、斎藤実来、東海林のん、高梨由佳理)が8分43秒62の大会新をマークし2連覇。飛び込み男子は松本慧(米沢東)が高、飛び板の両飛び込みで3年連続の2冠を達成した。

 競泳女子はこの他、100メートル背泳ぎの松浦心叶(日大山形)が2連覇。200メートル自由形の東海林は2年ぶり2度目の優勝を決めた。100メートルバタフライで頂点に立った関琴音(日大山形)は200メートル同、400メートルメドレーリレーに続き3冠を獲得した。

 男子は800メートルリレーの山形中央(佐藤駿乃介、佐藤恵斗、山口将、石川雷稀)がともに2連覇を果たした。100メートル背泳ぎで栄冠をつかんだ池田尚輝(鶴岡工)は200メートル個人メドレー、400メートルリレー、同メドレーリレーの計4種目を制覇した。

松本、最後の年を最高に
 着水するまで2秒弱。宙高く舞った体を複雑に回転させ、最後は真っすぐに伸びて水面に消えていく。短く「バッ」と響く音。小さな気泡の輪に技の余韻が残る。飛び込み男子で高、飛び板ともに3連覇を果たした松本慧(米沢東)の演技は、飛び込みになじみのない人も引きつける美しさを放つ。

 踏み込む感覚がわずかにずれても高さや入水(にゅうすい)角度は狂う。松本は踏み切った直後に、そのずれを空中で瞬時に調整してみせる。天性の感覚が、見定めた地点に狙った角度で体を合わせていく。「飛ぶ前は高さをつくることしか考えない。あとは体が覚えているので」。小学生時代から指導に当たる藤原浩コーチは「(こうした感覚は)選手の誰もができる芸当ではない」と語る。だから、理想の姿勢と角度で水面を探しに行ける。

 技術とともに精神力が問われる。2年前の全国高校総体で、1年生にして5位に入賞し「いい意味で向こう見ずだった」と振り返る。地元開催の昨年は「さらに上を」と期待を背負ったが「会場の雰囲気にのまれた」と10位。その悔しさは精神的な成長を促した。

 「うまい選手より、強い選手になる」と言ってのける。結果を求めてあくせくするより、地道な努力の積み重ねの先に「おのとず自信は付いてくる」と信じる。「最後の年を最高の1年にしたい」。全国の表彰台という3度目の正直を引き寄せるべく、自らにそう言い聞かせた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から