県内ニュース

伊勢神宮へ奉納、つや姫収穫 川西で抜穂祭

2018年09月14日 14:40
伊勢神宮に奉納する稲を関係者が丁寧に刈り取った=川西町吉田
伊勢神宮に奉納する稲を関係者が丁寧に刈り取った=川西町吉田
 伊勢神宮(三重県)の神嘗(かんなめ)祭に奉納する稲穂を刈り取る「抜穂(ぬきほ)祭」が13日、川西町吉田の田んぼで行われた。白丁(はくちょう)姿の関係者が、来月の平成最後となる神嘗祭に奉納する名誉を感じながら丁寧に作業した。

 県神社庁南陽東置賜支部(武田忠徳支部長)が主催。伊勢神宮に奉納する米作りは、県内11支部が持ち回りで担当している。今回選ばれたのは、近くの農業淀野貞彦さんの田んぼで育てた「つや姫」。乾燥させた稲穂を直径27センチ、長さ80センチの束にして、外宮と内宮に1束ずつ納める。

 抜穂祭では、近くの八所(はっしょ)神社宮司の武田支部長による神事に続き、同神社の役員ら6人が稲刈りを行った。役員たちは鎌を使って根元から刈り取り、くい掛けして乾燥させた。総代会長の横山明博さん(69)は「例年にない猛暑で水には苦労したが、こうして収穫できるのは神様のおかげ」と話した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から