県内ニュース

るんるんバス、一目で運行状況確認 酒田市、来月にシステム開始

2018年09月21日 12:02
酒田市が導入するバスロケーションシステムの画面。路線や乗降バス停を選ぶと運行状況が一目で分かる
酒田市が導入するバスロケーションシステムの画面。路線や乗降バス停を選ぶと運行状況が一目で分かる
 酒田市は、市内を走る福祉乗り合いバス「るんるんバス」の運行状況をスマートフォンなどで確認できるロケーションシステムを、10月1日からスタートさせる。バスの遅れや目的のバス停への到着時間が一目で分かるほか、地図上にバスの現在地が表示される。市商工港湾課は「待ち時間の有効活用につながり、利便性を向上して利用者増につなげたい」としている。

 対象路線は毎日運行する市内循環右回り線と同左回り線、酒田駅大学線、月・水・金曜の古湊砂越駅線、火・木・土曜の酒田駅かんぽ線の全5路線。バスに設置したスマホのGPS(衛星利用測位システム)機能を活用する。

 利用者はスマホやタブレット端末、パソコンからインターネットにアクセス。調べたい路線、乗降するバス停を選択すると、予想される出発時間と到着時間や遅延状況が表示される。地図上にはバスのイラストが示され、リアルタイムで走行位置が分かるようになっている。

 市は、同様のシステムを2005年秋にも導入したが、当時の携帯電話では文字情報しか読み取れなかったことや、年間約200万円という維持費の高さがネックとなって約4年で終了した。今回は初年度の事業費が135万円で、2年目以降の維持費は46万円程度を見込んでいる。

 同課担当者は「るんるんバスの利用者はお年寄りが多いが、学生も乗車している。バスが遅れている場合は、スマホなどを持っていないお年寄りにも伝えてほしい」と話している。

 アドレスはhttp://subtour-z.com/sakata/

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から