県内ニュース

陸上女子400・青野4位、100に続き入賞 福井国体

2018年10月10日 10:13
 福井県を主会場に開かれている第73回国民体育大会は第10日の8日と最終日の9日、12競技が行われ、県勢は陸上少年女子A400メートルで青野朱李(しゅり)=山形中央高=が55秒53のタイムで4位に入り、同100メートルに続いて入賞した。アーチェリー成年女子団体の県選抜は3位決定戦で敗れ、4位となった。

 陸上では他に少年男子共通三段跳びの松田基(もとき)=山形中央高=が6位に入賞した。成年男子110メートル障害では古川裕太郎(山形TFC)が7位となった。

 本県選手団の主会期と会期前競技(水泳など)の入賞数は前回大会の54を下回る47となったが、このうち優勝は9で、前回大会の8を一つ上回った。冬季競技を合わせて本県は男女総合成績817.25点を獲得し、天皇杯順位は34位だった。前回は873.5点で31位。今大会で県選手団が掲げた「900点以上、20位台」の目標には届かなかった。

〈アーチェリー成年女子団体〉4位となった県選抜の舩見真奈(左)、中村美樹(左から2人目)、冨樫郁奈(右)=福井市スポーツ公園サッカー場
〈アーチェリー成年女子団体〉4位となった県選抜の舩見真奈(左)、中村美樹(左から2人目)、冨樫郁奈(右)=福井市スポーツ公園サッカー場
【スポット】重圧、波に乗れず―県選抜
 決して調子が悪かったわけではない。前日に悩まされた強風もこの日は収まっていた。しかし、アーチェリー成年女子団体の県選抜は波に乗りきれないまま、3位決定戦で地元・福井に敗れた。

 直前の練習では3選手とも好調だったが、競技が始まると得点がなかなか伸びなかった。瀬尾悠人監督は「開催県を相手に、見えないプレッシャーがあった」と話し、2番手を担った舩見真奈(早大・鶴岡南高出)は「本番には練習とは違う『圧』があった」と独特の緊張感があったことを説明した。

 県選抜は3位に入った前回と同じメンバー。各自がレベルアップしてさらに上を目指したが、悔しい結果となった。11月に日本代表の選考会を控える最年長の中村美樹(ハードオフコーポレーション・鶴岡工高出)は「自分がちゃんとできなかったことに責任を感じる」と後輩たちをかばい「勝負は少しでも弱い気持ちがあるとうまくいかない。いい経験になった」。瀬尾監督は「来年に向けてどう修正し、優勝を目指すのかを考えたい」と語った。

〈陸上少年女子A400メートル〉55秒53のタイムで4位に食い込んだ青野朱李(山形中央高)=福井市・福井県営陸上競技場
〈陸上少年女子A400メートル〉55秒53のタイムで4位に食い込んだ青野朱李(山形中央高)=福井市・福井県営陸上競技場
【ハイライト】集中、流れつくる―青野
 陸上少年女子A400メートルの決勝は、青野朱李(山形中央高)にとって確かな手応えを得たレースとなった。「去年は準決勝で疲れてしまい、決勝の走りは駄目だった。今回はそこまで考えて走れた」。優勝争いに絡む力を最後まで残して4位に食い込んだことは、成長の証しだと言えるだろう。

 決勝は一番外側の第8レーン。最前線でのスタートだったことがプラスに働いた。「いつも前半で離されるので、周りを気にせず自分のペースに集中した」。誰かに引っ張られる展開ではなく、自分の力でレースの流れをつくったことが青野にとっては新しい経験となった。「400メートルのペースが分からないなりに、焦らずに走れた」と息を弾ませながら笑った。

 10月中旬にある年代別の日本選手権、そして県内で行われる11月上旬の記録会が高校最後のレースとなる。卒業後は進学して競技を続ける予定。高校女子短距離界に足跡を残したスプリンターは、さらに高みを目指す。

■県勢入賞者(主会期と会期前競技)
【1位】
◇カヌースプリント
▽少年男子カヤックペア500メートル
 設楽勝太・小野隼人(谷地高)
▽少年男子カヤックペア200メートル
 設楽勝太・小野隼人(谷地高)
▽少年男子カナディアンペア500メートル
 荒木岳樹・伊藤真大(谷地高)
▽少年男子カナディアンペア200メートル
 荒木岳樹・伊藤真大(谷地高)
▽少年女子カヤックフォア500メートル
 県選抜(増川知保、佐藤奈津、吉田奈未、平泉真衣)
▽少年女子カヤックフォア200メートル
 県選抜(増川知保、佐藤奈津、吉田奈未、平泉真衣)
◇弓道
▽成年女子遠的
 県選抜(本間美貴子、須貝雪野、山本京子)
◇ボート
▽少年女子シングルスカル
 鈴木伶奈(酒田光陵高)
◇陸上
▽少年女子共通円盤投げ
 斎藤真希(鶴岡工高)

【2位】
◇カヌースプリント
▽少年男子カナディアンシングル
200メートル
 斎藤翼(谷地高)
◇ライフル射撃
▽少年女子ビームピストル(40発)
 佐藤琳(成立学園高・山形市出身)
◇陸上
▽少年女子B100メートル障害
 高橋夢華(九里学園高)

【3位】
◇競泳
▽少年男子A50メートル自由形
 今野太介(羽黒高)
◇カヌースプリント
▽成年女子カナディアンシングル
500メートル
 佐藤恵(県体協)
▽成年女子カナディアンシングル
200メートル
 佐藤恵(県体協)
▽少年男子カナディアンシングル
500メートル
 斎藤翼(谷地高)
◇陸上
▽少年女子A100メートル
 青野朱李(山形中央高)

【4位】
◇競泳
▽成年女子400メートル自由形
 長谷川鼓(日体大・鶴岡工高出)
◇飛び込み
▽少年男子板飛び込み
 松本慧(米沢東高)
◇ライフル射撃
▽成年女子エアライフル立射(40発)
 高橋佳伶(明大・南陽高出)
▽成年男子センターファイアピストル(60発、決勝20発)
 緒形拓也(県警察)
◇アーチェリー
▽成年女子団体
 県選抜(中村美樹、舩見真奈、冨樫郁奈)
◇陸上
▽少年女子A400メートル
 青野朱李(山形中央高)

【5位】
◇レスリング
▽成年男子フリースタイル86キロ級
 高島優太(山形市体協)
▽成年男子グレコローマンスタイル77キロ級
 池田貫太郎(中大・山形商高出)
◇バスケットボール
▽成年女子
 県選抜
◇剣道
▽成年男子
 県選抜(三浦均、川井正喜、土門幸範、阿部康成、日向裕也)
◇ソフトテニス
▽少年男子
 羽黒高(斎藤龍二、旭笑、斎藤大樹、根本拓哉、沢田吉広)
◇ボクシング
▽成年男子ライトヘビー級
 栗田琢郎(日大・日大山形高出)
◇陸上
▽少年女子共通800メートル
 長沼明音(九里学園高)

【6位】
◇馬術
▽成年男子スピードアンドハンディネス
 二位関尭(ゼンライディングク)
◇陸上
▽成年女子円盤投げ
 斎藤早希(庄内AC)
◇重量挙げ
▽少年男子62キロ級ジャーク
 叶野龍聖(庄内農高)
▽女子53キロ以下級ジャーク
 小関優芽(平成国際大・山形中央高出)
◇陸上
▽少年女子共通400メートル障害
 阪希望(山形中央高)
▽少年男子共通三段跳び
 松田基(山形中央高)
◇ライフル射撃
▽成年男子センターファイアピストル(30発)
 緒形拓也(県警察)

【7位】
◇ラグビー
▽成年男子(7人制)
 県選抜
◇重量挙げ
▽成年男子56キロ級スナッチ
 長谷部達也(中大・酒田光陵高出)
◇なぎなた
▽少年女子試合
 天童高(武田望愛、徳永莉乃、鈴木玲菜)
◇アーチェリー
▽少年女子団体
 県選抜(佐藤未凪海、阿部詩野、鎌田真未)
◇陸上
▽成年男子110メートル障害
 古川裕太郎(山形TFC)

【8位】
◇競泳
▽少年男子A100メートル自由形
 今野太介(羽黒高)
▽成年女子100メートル背泳ぎ
 西脇怜奈(筑波大・鶴岡南高出)
◇フェンシング
▽成年女子フルーレ
 県選抜(河崎千尋、梅津春香、高田真帆)
◇馬術
▽少年男子ダービー
 金野裕平(日大山形高)
◇陸上
▽成年女子走り高跳び
 武田萌伽(山形大)
(総合得点対象外の8位以内は除く)

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から