県内ニュース

山形九小、未明に壁焼ける 不審火の可能性、山形署捜査

2019年02月12日 21:45
校舎の外壁などが焼けた火災現場=12日午前3時52分、山形市馬見ヶ崎2丁目・山形九小
 12日午前2時50分ごろ、山形市馬見ケ崎2丁目の山形九小(岸純一校長)で校舎の外壁から炎と煙が上がっているのを、巡回中の山形署員が見付けた。外壁の一部や、近くに置いたあったプランターなどが焼けており、火の気がないことなどから、同署は不審火として調べている。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 同署によると、出火したのは校舎北側にある技能技師室の外壁付近で、重ねて置いていた花植え用のプラスチック製プランター10数個が焼けた。火は消防がすぐに消し止めた。出火当時、校舎内には誰もおらず、学校敷地の東西と南にある校門はすべて開いており、誰でも入れる状態だった。

 同校の話では、校門は休日でも地元のスポーツ少年団などが体育館などを利用するため、常に開けている。11日までの連休中は体育館の利用があり、敷地内への人の出入りはあった。同日午後6時ごろから30分程度、警備員が見回った際は異常はなかったという。

 同校は山形市北部の住宅街にあり、雪が降る未明に同市消防本部からポンプ車など15台が出動、警察車両も次々に駆け付けた。その後、児童はいつも通りに登校。同校は各学級で担任の教諭が火災の発生について説明し、通常授業を行った。保護者に対しては書面で状況を伝えたという。岸校長は「子どもたちに動揺が広がらないように配慮し、対応していきたい」と話している。

 同市教育委員会は市内の小中学校に火災への注意喚起とともに、校舎内などで異常を発見した場合、報告するよう通知した。

関連写真

  • 校舎の外壁などが焼けた火災現場=12日午前3時36分、山形市馬見ヶ崎2丁目・山形九小

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から