県内ニュース

若き個性、織りなす彩 山形・「工芸の会」合同展

2019年03月25日 15:00
作家の個性や作風の違いが楽しめる「やまがた工芸の会若手作家展」=山形市・gura
 県内の工芸家グループ「やまがた工芸の会」に所属する若手作家の合同展が24日、山形市旅篭町のにぎわい拠点「gura(ぐら)」で始まった。陶芸、染織、緞通(だんつう)などの分野で創作活動を続ける8人の近作が並ぶ。それぞれに違う作風が互いに引き立て合い、来場者は作家の個性も楽しんでいる。

 若手女性、若手男性の各合同展を開催したことはあったが、男女合同の展示会は今回が初めて。伊藤敦子さん(しな織)▽小松寛幸さん(白鷹紬(つむぎ))▽長岡千明さん(陶芸)▽布施猫さん(陶人形)▽穂積直さん(月山緞通)▽山増ちひろさん(陶芸)▽若林靖之さん(同)▽涌井大介さん(同)―の8人が出展している。

 それぞれの作品は、猫を題材に愛らしい表情を見せる大小の人形や黒い生地の象嵌(ぞうがん)が特徴的な器、白色系の陶器「粉引(こひき)」の技法を取り入れたカップ類、柔らかな風合いが魅力のしな織のバッグなど。各作家が数十点ずつ持ち寄った伝統工芸の作品が蔵造りの会場を彩っている。

 来場者は一つ一つに込められた作家のこだわりや技術を感じ取ったり、作風を比べたり。それぞれの味わい方で見入っていた。

 「会に入っているからこそ、互いの作品を一堂に見ることができる」と出展者の一人、若林さん(42)=上山市。来場者の問い掛けに答えながら、作家としての刺激も受けている様子だった。展示会は31日まで。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から