県内ニュース

採石場で初の音楽フェス・高畠 岩壁ステージ、洞穴にDJ

2019年05月23日 08:35
かつての石切り場を舞台に国内外のアーティストが結集する「岩壁音楽祭」のチラシ
 採石場で音楽フェス!?―。かつて石切り場だった高畠町の瓜割(うりわり)石庭公園で25日、国内外のアーティストが高さ50メートルを超える絶壁に囲まれた野外ステージでライブを行う「岩壁音楽祭」が初開催される。県内外の音楽ファンが企画し、来場者は最大500人を見込む。岩壁にプロジェクションマッピングを手掛けるなど、音楽を通じて石切り場の魅力を発信する狙いだ。

 県内外の音楽、映像関係者と東北芸術工科大の学生有志15人でつくる実行委員会が主催。中心メンバーで、山形を拠点に活動するフリーディレクター菊地翼さん(29)=山形市小荷駄町1丁目=は昨年6月、仕事で石切り場を訪れた。「絶壁が切り立つ非日常空間でありながら、心地良い。ここで音楽フェスをしたら面白そう」。音楽仲間などに協力を仰ぎ、1年がかりで準備を進めてきた。

 同公園は約100年にわたり石工職人が「高畠石」を採掘した場所で、音響の良さからコンサート会場にも活用されている。音楽祭は、岩壁に囲まれた吹き抜けスペースをメインステージ、洞穴をDJフロアに変身させるほか、地酒やグルメも楽しめる。歌手三浦大知さんらの楽曲を手掛ける音楽家「Seiho(セイホー)」など若手アーティスト約20組がダンスミュージックを奏で、岩肌に投影されたプロジェクションマッピングの光と共に会場を盛り上げる。

赤湯駅発着のバスも
 菊地さんは「職人が魂を込めて切り開いた石切り場で、現代音楽の新しい可能性を発掘したい」と話す。午前11時開演、午後10時終演予定。入場料は6500円で小学生以下無料。赤湯駅発着の無料シャトルバスを運行する。問い合わせは菊地さん090(6259)7750。岩壁音楽祭のホームページはhttps://block.fm/news/gampekimusicfes_2019

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から