県内ニュース

フグ自ら調理、鶴岡の夫婦が食中毒 資格なし、入院中も快方へ

2019年05月24日 09:14
PR
 県は23日、鶴岡市内の80代男性と70代女性の夫婦が、自分で釣ってきたフグを調理して食べ、食中毒を発症したと発表した。2人は医療機関に搬送され、現在も入院中だが、快方に向かっている。

 県食品安全衛生課によると、男性が鶴岡市内でフグを釣り、20日午後0時半ごろ、みそ汁にして食べた。有毒部位の皮や内臓は取り除いたが、卵巣は具材として入れたという。同2時ごろに口のしびれやめまい、歩行困難などの症状が現れ、医療機関に搬送された。2人は調理資格を持っておらず、フグだと分かった上で調理した。

 県内では統計を取り始めた1955(昭和30)年以降、フグを自分で調理して食べるなどして4人が死亡している。2009年には、鶴岡市内の飲食店でフグを食べた7人が食中毒になったが、命に別条はなかった。フグ毒のテトロドトキシンは青酸カリの千倍以上とされる猛毒で、加熱したり、水にさらしたりしても毒は消えない。同課は資格を持たない場合は調理をしないよう注意を呼び掛けている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から