県内ニュース

【モンテ】雨中決戦もぎ取った 水戸に1-0

2019年06月16日 11:32
〈山形-水戸〉後半21分、山形のFW阪野豊史(11)がシュートを決め走りだす=天童市・NDソフトスタジアム山形
 サッカーJ2は第18節第1日の15日、各地で9試合が行われた。モンテディオ山形は天童市のNDソフトスタジアムで水戸と対戦し、1―0で勝利した。通算成績は10勝6分け2敗とし、2試合ぶりに首位に立った。

 1位水戸と2位山形が顔を合わせた一戦。前半は互いに好機を仕留められず、0―0で折り返した。山形は後半21分、MF柳貴博が右サイドを突破し、中央へのクロスにFW阪野豊史が右足で合わせて先制した。守備の集中力を切らさず、今季10度目の零封とした。

 その他、岐阜に2―1で勝った大宮が勝ち点34で2位に浮上。甲府は東京Vに敗れた。

 山形の次節は22日、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で長崎と対戦する。

【評】山形は難敵の水戸に完封勝ち。後半、ミスが多かったビルドアップ(組み立て)を修正した。FWバイアーノの投入を機に陣形を変更。2トップが相手を引き付けて展開し、同21分にFW阪野の先制点に結び付けた。終盤に相手はパワープレーで得点を狙ったが、危なげなく振り切った。

【青炎】クロスに阪野、2戦連発
 山形が前半戦の大一番を制した。拮抗(きっこう)した戦況を変えたのは、FW阪野豊史の2戦連続弾。「本当に大切で、厳しい試合に勝利できてうれしい」。巧みに合わせたシュートで決勝点を奪い、大仕事を果たした。

 リーグ屈指の堅守を持ち味にする両チーム。ともに逆転負けはなく、勝利のための先制点の重要度が増した。

 横なぐりの雨とともに始まった後半、試合が動いた。立ち上がり、3戦連続スタメンのMF柳貴博がボールを奪い、2度のチャンスを演出。畳み掛けるように後半15分、指揮官は1枚目の交代カードを切った。FWジェフェルソン・バイアーノを入れ、水戸戦を念頭に連係を確認した3―5―2の陣形に変更した。

 狙いは的中。柳が右サイドで前を向くと、2トップの動きを注視した相手プレスが遅れた。柳は好位置にボールを運び、クロスを供給。バイアーノがつくったスペースで阪野は「素早く脚を振ること、枠に飛ばすことを意識した」。雨で滑る球にうまく右足を当て、ネットを揺らした。今季5得点目、ホームでの初得点を無邪気に喜んだ。

 終了のホイッスルとともに、木山隆之(たかし)監督が拳を突き上げた貴重な1勝。混戦の上位争いの中で、これまでとはひと味違う首位奪取だ。今後は長崎、柏とJ1降格組との対戦が続く。阪野は「喜ぶのは今日だけ。みんなで集中を切らさず戦いたい」と闘志を前面に出した。

やるべきこと出せた
 木山隆之監督の話 お互いにハードワークの守備ができ、堅い試合は予想できた。全てがうまくいったわけではないが、やるべきことを出せた場面は多かった。自分たちが有利な場所にボールを運べた時にはチャンスをつくり、押し込むこともできた。(無失点で)試合を締めることができて良かった。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から