県内ニュース

自民県連、新会長に加藤氏の方針 鈴木氏の任期延長、参院選までは現体制

2019年06月18日 09:11
PR
 自民党県連は会長の鈴木憲和衆院議員(37)=県2区=が任期満了となる県連大会後も暫定的に会長職を務め、参院選後に加藤鮎子衆院議員(40)=県3区=が新会長に就く役員人事方針を固めたことが17日、分かった。新会長の任期は9月1日からとする方向で調整が進められている。23日の県連大会で正式に決定する。

 県連会長選の立候補・推薦の届け出は17日に締め切られ、加藤氏に対する推薦書のみが提出された。県連大会では、参院選県選挙区の選対本部長を務める鈴木氏の任期を延長し、次期会長に加藤氏が就く人事案を諮る。加藤氏は当選2回で、党女性局次長などを務めている。

 会長、役員の任期はいずれも1年だが、慣例で2期2年務めている。鈴木氏は現在2年目で、参院選を見据えた異例のタイミングでの改選となる見込み。

 執行部役員の人事は会長の指名事項で、幹事長の坂本貴美雄県議(71)=新庄市区、総務会長兼女性局長の大内理加県議(56)=山形市区、政調会長の森谷仙一郎県議(60)=天童市区=ら役員の任期も暫定的に延長となる見込み。次期役員については、加藤氏の会長就任に合わせて検討される。

 県連関係者は「通常の県連人事は県連大会で切り替えるが、現体制で参院選をしっかり乗り切ることが最優先だ」としている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から