県内ニュース

クモ糸の配列構造を解明 鶴岡・先端研、河野特任講師のグループ

2019年06月19日 12:31
クモ糸の多様性についての研究対象となったオニグモ(慶応大先端生命科学研究所提供)
 慶応大先端生命科学研究所(鶴岡市、冨田勝所長)は18日、同研究所の河野暢明(こうののぶあき)特任講師(33)を中心とするグループがオニグモのゲノム(全遺伝情報)に基づき、クモ糸の種類ごとのタンパク質と関連遺伝子の配列構造を世界で初めて明らかにしたと発表した。糸の強さに関わるとみられる新たなタンパク質の存在も分かり、今後の人工構造タンパク質素材の開発に大きく貢献するとしている。

 河野特任講師によると、クモは自身をつるす糸(けん引糸)や移動に使う糸、卵を包む糸など、最大7種類の糸を用途に応じて使い分けている。オニグモは日本に広く生息する大型のクモで、7種類ある糸の全てを使い分けることから研究対象に選んだ。合成クモ糸繊維など人工構造タンパク質素材の開発に取り組むスパイバー(同市)と共同で研究した。

 河野特任講師らは、ヒトを上回るほど情報量が多いクモのゲノムについて独自技術を用いて解読に取り組み、塩基配列を特定。そこから得られた情報や成分解析などから、7種類の糸に用いられる計11種類のタンパク質とそれぞれの遺伝子の配列構造を解明し、糸の種類ごとにまとめた。

 このうち最も強靱(きょうじん)なけん引糸については、従来から知られていた二つのタンパク質に加え、MaSp3(マスプスリー)という新規のタンパク質と、SpiCE(スパイス)と名付けた低分子タンパク質群の存在も発見した。これらがクモ糸の強度に関わっている成分とみられる。

 研究内容は英科学誌に掲載された。河野特任講師は「先端研が培ってきた、膨大なデータを一気に解析する技術が生きた。新たに見つかった成分や他の種類のクモについてさらに調べ、研究を充実させたい」と話している。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から