国内外ニュース

重文の宣教師館など公開 明治学院の洋風建築

2017年10月12日 17:13
れんが造りと木造の調和が美しい「記念館」=東京都港区(学校法人明治学院提供)
れんが造りと木造の調和が美しい「記念館」=東京都港区(学校法人明治学院提供)
 東京文化財ウィーク期間中の11月1日から3日まで、東京都港区の学校法人明治学院白金キャンパスで、国指定重要文化財を含む明治・大正期の貴重な洋風建築3棟が一般公開される。学外者が内部を見学できるのは毎年この期間中だけだ。

 重文の「インブリー館」は明治学院で教える宣教師の住宅として1889年ごろに建てられた。米国で当時流行した様式に倣う木造2階建てで、細かい外壁仕上げが施されている。館の名前はここに長く住んだインブリー博士にちなむ。

 ネオゴシック様式の「記念館」(90年)は教室や図書館が置かれていた建物で、れんが造りと木造の調和が美しい。当初は1、2階ともれんが造りだったが、建設4年後の大地震で破損し、2階が木造に改築された。

 日本で多くの西洋建築を手掛けたヴォーリズ建築事務所(当時は合名会社)による礼拝堂は1916年に落成。現在のパイプオルガンは、バッハが生きた17、18世紀の工法を復活、再現している。

 入場無料。学生ガイドによる見学ツアーが1日と3日の午前11時、午後1、2時、2日の午前11時と午後2時にある。また2日には、礼拝堂で大学生のパイプオルガン演奏会(無料、事前予約不要)、記念館でオルガニスト長谷川美保さんによるリードオルガン演奏会(無料、指定席は事前予約必要、立ち見席の整理券は当日配布)がある。問い合わせは学校法人明治学院、電話03(5421)5230。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から