国内外ニュース

松本零士さん、執筆に意欲 「終着駅はまだ見えない」

2018年11月20日 19:05
自身の作品がラッピングされた電車の前で撮影に応じる松本零士さん(左)と島崎譲さん=20日、東京都内
自身の作品がラッピングされた電車の前で撮影に応じる松本零士さん(左)と島崎譲さん=20日、東京都内
 漫画家松本零士さんが代表作「銀河鉄道999」のその後のストーリーを考え、漫画家の島崎譲さんが描いた作品の単行本発売を受け、2人が東京都内で記者会見。西武豊島線の終点で会見に臨んだ松本さんだったが、自身のキャリアについては「まだ終着駅は見えない」と、現役へのこだわりを見せた。

 作品は3月から秋田書店の月刊漫画誌「チャンピオン レッド」に連載している「銀河鉄道999 アナザーストーリー アルティメットジャーニー」。主人公の少年星野鉄郎が地球に帰還したところから物語が始まる。

 総設定とデザインも担った松本さんは20歳以上年下の島崎さんに「毎回毎回お上手になっていく。若い人はうらやましい」とおどけ、「アナザーストーリーは青春そのもの。新しい路線を突き進んで」とエールを送った。

 一方、自身も今年、中断していた「銀河鉄道999」の新作を発表するなどしており、「来年1月で81歳になるが自分ではぴんとこない」と執筆活動に意欲を見せた。

 10代で九州から列車で上京し、今は西武線沿線に住む松本さん。代表作にもつながった鉄道の“原体験”について「死んでも帰らないと、片道切符で乗った列車が関門海峡をくぐるときに暗黒の中に入り、反対の別世界に出た。それは鉄郎と同じなんです」と熱く語った。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から