国内外ニュース

のれんで江戸のにぎわいを 日本橋の企業や街を表現

2019年10月15日 15:32
宇宙航空研究開発機構(左)などののれんが並ぶ「めぐるのれん展」=東京都中央区
宇宙航空研究開発機構(左)などののれんが並ぶ「めぐるのれん展」=東京都中央区

「日本橋の街」をテーマに制作した野老朝雄さんののれん=東京都中央区
「日本橋の街」をテーマに制作した野老朝雄さんののれん=東京都中央区
 東京・日本橋の企業や街を表現したオリジナルののれんを展示する「めぐるのれん展」が、東京都中央区の東京メトロ三越前駅地下歩道などで開催されている。日本橋の歴史や文化を新しい形で発信しようとするイベントの一環で、主催者は江戸時代の日本橋を描いた絵巻「熈代勝覧」のにぎわいの再現を目指した、としている。

 軒先にのれんが掛かった店が並ぶ同絵巻のように、色鮮やかな作品を150メートルにわたって展示。地下道を通る人が写真を撮ったり、説明文を読んだりしている。

 日本橋に関わりがある32社が「自社のアイデンティティー」を表現したのれんの中で、目を引くのが日本橋に宇宙ビジネス関連の拠点を置く宇宙航空研究開発機構(JAXA)。表側は国際宇宙ステーションにある日本の実験棟「きぼう」の窓を実寸大で表し、裏には「きぼう」の内側の様子が刷られている。

 老舗かつお節専門店「にんべん」ののれんは、風に舞う削り節の背景として、裏に描かれた大きなかつお節が透けて見える仕掛けだ。

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会エンブレムの作者、野老朝雄さんらクリエーター12組が手掛けたのれんは「日本橋の街」がテーマ。野老さんの作品は五街道の起点だった日本橋を、一つの円から広がっていく波紋で表しているという。

 イベントの担当者は「街がお客さまを迎え入れる、新しいおもてなしとして楽しんでほしい」と話している。

 めぐるのれん展は11月4日まで。問い合わせは日本橋案内所、電話03(3242)0010。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から