国内外ニュース

ロボットと過ごす未来体感 ペッパーが接客するカフェ

2020年01月15日 12:22
受付には5台のペッパーが並ぶ=東京都渋谷区
受付には5台のペッパーが並ぶ=東京都渋谷区

1時間おきにダンスを披露する小型ロボット「ナオ」=東京都渋谷区
1時間おきにダンスを披露する小型ロボット「ナオ」=東京都渋谷区
 ロボットが働くカフェが東京・渋谷でオープンし、話題になっている。人型ロボット「ペッパー」が接客し、掃除するのもロボットだ。ロボットと過ごす未来を体感できる。

 カフェの名称は「ペッパーパーラー」。昨年12月、東急プラザ渋谷に開業した。入り口では5台のペッパーがお出迎え。タッチパネルで人数や注文を受け付けるだけでなく、「元気はつらつ」「悩みが多そう」などと客の表情を読み取り、お薦めのメニューを紹介してくれる。

 店内にはペッパーが“相席”するテーブルもあり、子どもや若い女性たちがロボットとの会話やゲームを楽しんでいる。高さ60センチほどの小さな人型ロボット「ナオ」は15分ごとに時報を知らせ、1時間おきに米国や中国をイメージしたダンスを披露。営業時間外にはAI掃除ロボットが、床をきれいにする。

 メニューは世界各国の料理と組み合わせたワッフルが中心で、中にはフランス産フォアグラのムースをのせたものも。菜食主義を意味するビーガン向けメニューもある。

 ソフトバンクグループでロボット事業を手掛けるソフトバンクロボティクス(東京)が運営し、今後はロボットの種類を増やす予定だという。同社の蓮実一隆取締役は「ペッパーが生まれて5年、次の大きな挑戦として始めた。横を向くと、何げなくロボットが働いているのが理想」と話している。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から