国内外ニュース

自分なりの音楽探す旅 元カラフィナのKEIKO

2020年05月27日 14:27
「自分の感性を前面に出して歌うのは新鮮で、わくわくする」と話すKEIKO
「自分の感性を前面に出して歌うのは新鮮で、わくわくする」と話すKEIKO
 2019年に解散した3人組ボーカルユニット「Kalafina(カラフィナ)」の元メンバーで、ソロデビューしたシンガーKEIKOが、配信シングル2曲をリリースした。ソロでの楽曲制作について「自分なりの音楽を探す、長い旅が始まった気分」と語る。

 NHK「歴史秘話ヒストリア」のテーマ曲などで知られる人気ユニットの一員として、美しいハーモニーを響かせてきた。解散後、「ソロでやりたいことを聞かれても、最初は何も出てこなかった」と振り返る。

 約半年間、音楽と距離を置き、ごく普通の女性として日々を送るうちに「カラフィナの世界観とは違う、等身大の自分を歌で表現したい」との思いが芽生えた。

 新曲「命の花」は朗々と歌い上げるバラード。「Be Yourself」はアップテンポで力強いボーカルが印象的だ。ハーモニー重視のユニット時代とは異なる音域や歌い方も積極的に取り入れており、録音した歌声を聴いて「これが私?」と驚いたこともあるという。

 「命の花」では、作詞に初挑戦。曲からイメージを膨らませて言葉を紡ぐ作業は「夢中になれて楽しかった」。単語を選ぶ際には、意味よりも「音の響き」を優先した。「歌とは心地よく響くもの。その価値観は今も変わっていません」

 次の目標は、カラフィナをプロデュースした作曲家梶浦由記と再び仕事をすること。「それまでに自分の引き出しを増やして、梶浦さんをあっと言わせたい」と笑った。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から