京アニ、事件後初の新作映画公開 スタッフには犠牲者も

9/18 09:46
 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が上映される映画館前に並ぶ人たち=18日午前、京都市

 京都アニメーション(京都府宇治市)の新作「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が18日、全国公開の初日を迎えた。昨年7月の放火殺人事件で犠牲となった社員も製作に携わっており、事件後に京アニが完成させた初めての作品となる。

 美術監督を務めたのは、事件で死亡した渡辺美希子さん=当時(35)。大叔母で切り絵作家の土田節子さん(76)=三重県桑名市=は「美希子ちゃんの関わった作品が、多くの人に長く愛されたらうれしい」と語った。

 当初は1月の公開予定だったが、放火殺人事件の影響で4月に延期、さらに新型コロナウイルスの感染拡大で再延期していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が上映される映画館前に並ぶ人たち=18日午前、京都市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]