ゆうちょ銀、被害2千万円超 アプリ「支払秘書」でも

9/17 22:38
 ゆうちょ銀行本社が入るビル=東京・大手町

 ゆうちょ銀行は17日、電子決済サービスを悪用したとみられる貯金の不正な引き出しが136件、計2150万円に増えたと発表した。ウェルネットのスマホ決済アプリ「支払秘書」を通じた出金被害31件、345万円が新たに確認された。ゆうちょ銀の連携先で不正利用された決済事業者は計7社になった。

 一方、ウェルネットは、不正にアプリに入金したと疑われる取引が35件、計431万9574円あったと発表。このうち269万6440円は使われてしまった可能性があるという。連携先は37行あり、不正が疑われる取引のあった銀行名を公表していないが、大半がゆうちょ銀だったことになる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ゆうちょ銀行本社が入るビル=東京・大手町
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]