ゆうちょ銀で332万円引き出し mijica送金機能を悪用

9/23 12:57
 ゆうちょ銀行本社が入る東京・大手町のビル

 ゆうちょ銀行は23日、同行が発行するデビット・プリペイドカード「mijica(ミヂカ)」の送金機能が悪用され、54人の顧客の貯金口座から合計332万2千円が不正に引き出されたと発表した。全てのmijicaカードの送金機能を16日に停止した。被害は全額補償する方針だ。

 ゆうちょ銀ではNTTドコモの「ドコモ口座」など電子決済サービスの悪用により、計2千万円を超える貯金の不正引き出しが確認されている。同行自体のサービスでも不正被害が発覚し、金融機関としての信頼性が問われそうだ。

 ゆうちょ銀によると、8月8日に4人、9月6日に7人、15日に43人が被害に遭った。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ゆうちょ銀行本社が入る東京・大手町のビル
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]