大塚家具社長、辞任へ 12月、経営責任を明確化

10/28 13:25
 12月1日付で社長を辞任する大塚家具社長の大塚久美子氏

 ヤマダホールディングス(HD)傘下で経営再建中の大塚家具は28日、創業者の娘の大塚久美子社長(52)が12月1日付で社長を辞任すると発表した。これまでの経営悪化の責任を明確にするため、本人から申し出があり、取締役会が受理した。後任は大塚家具の現会長でヤマダHD社長の三嶋恒夫氏(61)が会長職と兼務する。

 大塚家具を巡っては、久美子氏と父親の勝久氏が経営権を争い、ブランドイメージが悪化した。

 大塚家具が28日発表した2021年4月期業績予想(単体)では売上高が304億円、純損益が28億円の赤字になると見込んだ。赤字は5期連続となった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 12月1日付で社長を辞任する大塚家具社長の大塚久美子氏
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]