国内外ニュース

節分の縁起物作り最盛期、和歌山 世界遺産・熊野速玉大社

2020年01月24日 16:25
最盛期を迎えた「吉兆」作り=24日、和歌山県新宮市の熊野速玉大社
最盛期を迎えた「吉兆」作り=24日、和歌山県新宮市の熊野速玉大社
 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社で、柳の枝を色とりどりに装飾して2月3日の節分に飾る縁起物「吉兆」作りが、最盛期を迎えている。

 吉兆は「良いことの兆し」の意味。福の神が境内の柳の木に迎えられ、節分の日に枝を家に飾ると幸福が訪れるとの信仰が古くからあるという。

 みこ3人が24日、「もち花」と呼ばれるピンクや黄、白などの小さな球のほか、紙製の小判やさいころなどを柳の枝に飾り付けて仕上げた。

 大小2種類で計約千本を用意。大は3千円、小は1800円。神職の浜中孝成さん(44)は「皆さんに福が訪れるようにとの願いを込めて作りました」と話した。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から