国内外ニュース

1市町村でも大雨特別警報発表へ 気象庁、細分化を検討

2019年03月19日 13:14
 気象庁が、重大な災害の恐れが著しく高まっている場合に出す大雨特別警報について、従来より狭い範囲で発表できるように検討していることが分かった。防災力向上を協議する専門家の会議で19日、公表した。一つの市町村だけが対象の場合でも発表できるようになる。数年以内に基準を変更する予定。各地で相次ぐ局地的な豪雨に対応するのが狙い。

 気象庁によると、現在の発表基準は、国内を約5キロ四方に分け、10カ所の3時間雨量が「50年に1度の値」に達する場合などとなっている。新たな案では約1キロ四方に細かくし、土砂災害や洪水が発生する危険度を新たな指標で算定する。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から