国内外ニュース

AI検定受験者、7割が東京圏 地方と関心の隔たり鮮明

2019年07月13日 18:07
 人工知能(AI)の基礎知識や事業への活用能力を測るオンライン資格検定の受験者が、埼玉、千葉、神奈川の3県を含めた東京圏で全体の7割超に達することが13日分かった。地方での受験者は少なく、関心の隔たりが鮮明。労働人口の減少に対し幅広い産業でAI技術の活用が期待される中で、地方での人材底上げが課題となりそう。

 AI検定は、技術の普及や啓発を担う「日本ディープラーニング協会」(東京)が2017年から実施。将来、経営や事業運営に携わる人材を対象に、AI技術の最先端である深層学習(ディープラーニング)の基礎知識を持ち、ビジネスに適切に役立ててもらおうと創設された。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から