国内外ニュース

東海道新幹線で新たな大雪対策 JR東海、運転台カメラで監視

2019年11月20日 18:40
PR
 JR東海は20日、大雪による東海道新幹線のダイヤの遅れや車両への影響を少なくしようと、今冬から新たに運転台や車両床下にカメラを設置し、指令所でリアルタイムに降雪の状況を把握できる仕組みを導入すると発表した。これまでは運転士から「地面がほぼ見えない」などと口頭で伝えられた内容を指令所で協議し、徐行運転が必要かどうか決定していた。

 JR東海によると、運転台のカメラは年内に50編成に入る。運転台前方の画像が直接、指令所に入ることで、従来より迅速な判断につなげる。

 また今回は4編成の床下にカメラを置き、気象条件や実際に雪が床下につく状況のデータを分析する。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から