国内外ニュース

富士山、2500年前未知の噴火 本栖湖底の地層から火山灰

2018年10月10日 08:21
山梨・甲府、本栖湖、富士山
山梨・甲府、本栖湖、富士山
 富士山で約2500年前、これまで知られていなかった噴火が相次いで2回起きた可能性が高いとの研究結果を秋田大や東京大のチームが10日、発表した。富士山北西にある本栖湖(山梨県)で採取した地層から、未知の2回の噴火で積もった火山灰を確認した。

 国や関係自治体は噴火に備えたハザードマップの改定を進めており、過去の噴火の情報が反映される可能性もある。

 秋田大のスティーブン・オブラクタ准教授(古環境復元学)は「富士山の噴火は考えていたよりも多く、影響が及んだ範囲はもっと広かったかもしれない」と話す。

 最大水深約120メートルと、富士山北側の「富士五湖」のうちでは最も深い本栖湖で、湖底から過去約8千年分に相当する長さ4メートルの地層を採取。地層のどの部分がいつ積もったかを分析した。

 その結果、約2500年前に約20年間隔で積もったとみられる火山灰の地層が2枚確認された。特徴からみて富士山のものと考えられ、この時期に2回の噴火があったのではないかという。

 気象庁によると、3500〜2300年前ごろの富士山は山頂で爆発的な噴火が起きていた。オブラクタ准教授によると、富士山ではこの時期に少なくとも14回の噴火が知られているという。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から