小中の普通教室、冷房92% 理科室などは半数超、文科省調べ

9/30 17:02
 文部科学省

 文部科学省は30日、全公立小中学校の普通教室のうち9月1日時点で冷房を設置している割合は92・8%に上ると発表した。猛暑対策で設置を進めた教育委員会が多く昨年より15・7ポイント増加。一方、理科室などの特別教室は7・0ポイント増の55・5%だった。

 新型コロナウイルス対策で今夏、1クラスの児童生徒を分けて特別教室も使って授業をしたケースがあり、文科省は普通教室以外の冷房設置も進める必要があると指摘。教委が国の補助金を活用するよう促す。

 都道府県別で普通教室の設置率が低いのは、北海道(4・3%)、青森県(26・2%)、秋田県(25・9%)。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 文部科学省
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]