国内外ニュース

罹災証明書の備え足りず 北海道地震、職員研修なく

2018年09月21日 17:56
 自然災害の被災者が公的支援を受けるために必要な「罹災証明書」を巡り、北海道の地震で大きな被害を受けた5市町全てが交付手続きの職員向け研修を行わず、うち4市町はマニュアルも作成していなかったことが21日、各自治体への取材で分かった。国は、職員育成などを通じて遅延なく交付するよう求めており、自治体側で大規模災害の備えに手が回っていない実情が浮かんだ。

 罹災証明書は、自治体が住宅の被害状況を調査して被災者に交付する。仮設住宅の入居や被災者生活再建支援金の給付、税金の減免などの際に必要となる。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から