国内外ニュース

災害廃棄物「処理に数年」 台風19号で環境省

2019年10月16日 18:50
PR
 環境省は16日、台風19号で発生したがれきなどの災害廃棄物は少なくとも数百万トン規模に上り、全ての処理に数年を要するとの見通しを示した。西日本豪雨では岡山、広島、愛媛3県で約190万トンが生じ、処理に約2年かかる見込みだが、浸水範囲からこれを上回るのは確実という。

 焼却場などが無事だった自治体には広域処理への協力を要請しており、担当者は「東北のごみを関東に運ぶなど長距離移送も考える必要がある」と説明した。

 昨年7月の西日本豪雨で発生した災害廃棄物は現在も焼却作業などが続いており、完了は来年7月の見通し。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から