国内外ニュース

熱海や下田、対策立てて海開き 観光収入と感染リスクで苦悩

2020年08月08日 16:08
PR
 新型コロナの影響で海水浴場閉鎖が相次ぐ中、静岡県の熱海市や下田市ではAIカメラによる混雑状況把握といった対策を立てて海開きに踏み切った。観光収入の多くを夏に依存しているためだが、感染リスク流入の恐れもあり、関係者は苦悩している。

 熱海市の「熱海サンビーチ」では、海岸への入り口3カ所に、人の出入りを認識するAIカメラを1台ずつ設置。ウェブサイトで5段階に分けて混雑状況を公表する。

 例年夏は50万人ほどの海水浴客でにぎわう下田市は6カ所を開設。うち「白浜大浜海水浴場」と「九十浜海水浴場」では、砂浜にロープで4m四方の枠を設け、1枠4人までを目安とした。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から